• ホーム
  • スポーツ
  • 武井壮、ラジオの冠特番で吠える「自分の価値を毎日高めたい」

武井壮、ラジオの冠特番で吠える「自分の価値を毎日高めたい」

 元陸上選手で“百獣の王を目指す”タレント・武井壮が、きょう6日放送の文化放送『武井壮のガッとしてビターン!』(後8:00)に出演。初の冠特番で、現在の日本のスポーツ界への思いを語るなど、元サッカー日本代表の前園真聖氏と1時間半にわたってトークを繰り広げた。

【写真】その他の写真を見る


 このほど収録が行われ、「『世の中をガッと掴んでビターン!してやろう』という熱い想いで名づけました」という番組タイトルどおり、スポーツとエンターテインメントについて真面目な話を熱く語ったかと思えば、武井の「セクシーな女性アスリートNo.1」を発表するなど話題は多岐に渡った。

 武井がツイッターやFacebookで持論を語り話題となったマラソン代表選考について、「陸上競技は1番速く走れる選手を決める競技。その大原則から42.195キロを一番速いタイムで走り切れる選手を選んで、大会本番の時期や環境に向けてトレーニングしていけばいいと思う」と改めて言及。

 前園氏もサッカー日本代表について「4年ごとに監督を変えて、戦い方を変えて、選手も変えてじゃ、W杯には出られるけど、勝ち残れない。8〜10年のスパンで強化していくべき」と意見し、最近、ユース(U-20)、ジュニアユース(U-17)の各年代の代表の成績も振るわないことに触れ、「育成から変えていかないとダメ」と訴えた。

 また、放送日はちょうど武井の42歳の誕生日ということで、動物を型どったケーキでお祝い。前園氏に抱負を聞かれた武井は「毎日、成長すること。やるべきこと+αで自分の価値を毎日高めていきたい」と熱く語った。

 番組の最後に武井は、「全然話したりなかった。これはパイロット版だと思っています。2回目も必ずやります! 年間できれば48試合はやりたい! それが無理なら各シーズンごとで、4試合(笑)。たくさんのスポーツ選手を呼んで『朝まで生試合』を、俺は田原総一朗さんの立ち位置で『いやそこちょっと!』とかやりたいですね」とやる気満々だった。



関連写真

  • 元サッカー日本代表の前園真聖氏(左)をゲストに迎え、縦横無尽に語り尽くす武井壮(右)
  • 文化放送『武井壮のガッとしてビターン!』放送日の5月6日は武井の42歳の誕生日
  • 5月6日、文化放送『武井壮のガッとしてビターン!』
  • 5月6日、文化放送『武井壮のガッとしてビターン!』

オリコントピックス