• ホーム
  • 芸能
  • 関ジャニ・安田&丸山の漫才コンビ「山田」が復活 カンテレの『ジャニ勉』

関ジャニ・安田&丸山の漫才コンビ「山田」が復活 カンテレの『ジャニ勉』

 人気アイドルグループ・関ジャニ∞の冠番組『関ジャニ∞のジャニ勉』(毎週水曜 深0:25〜1:20 関西テレビ※関西ローカル)が、前週22日の放送で400回を迎えた。401回目となる29日は、前週の「400回記念in八丈島 急遽行き先変えました!関ジャニ∞ノープラン旅in箱根」の続き。天候不良で八丈島から急きょ行き先を変えた箱根に向かうバスの車中で繰り広げられた、「祝400回 ∞と腹割りたいねん!〜初夏のぶっちゃけカード祭〜」と題したスペシャルトークも見どころとなる。安田章大&丸山隆平による伝説の漫才コンビ「山田」の復活漫才の全容も放送される。

 コンビ名の「山田」は、丸山の「山」と、安田の「田」からとったもの。関西を拠点に活動していた頃、二人は松竹座の舞台などで芸を磨いた。久しぶりに漫才をすることになった二人は、その場で即興で作っていったが、渋谷すばるは「クオリティーあがってた」と絶賛。横山裕も「ちょっと衝撃でしたわ」、錦戸亮も「余裕が感じられたもんね」と感心しきり。

 村上信五は「いや、あれはすごいよ。ほんまにようやったと思いますし、なかなかあの状況でやるって、芸人さんでも嫌やと思いますし、二人の人の良さといいますか、人柄やなっていうのはすごく感じましたね。僕はスタンディングオベーションでしたね。立派やなって」と惜しみない拍手で称えた。

 大倉忠義に「やっぱり漫才の大会に出るべきやなって思いますね。ぜひ二人には出ていただきたい。即興であんだけできるわけですから」とけしかけられると、丸山は「やめとけてって!」といいながらもまんざらではない様子。「漫才やれて、うれしかったです。裏でちょこちょこっと打ち合わせしたときと、僕、実際は全然違うことやったのに、それを、しょうちゃん(安田)が全部何も言わんとスパスパと受け止めてくれたのが、すごいうれしかったですね。なんで打ち合わせと全然違うことやっちゃったのかは、思いついちゃったから(笑)」と話していた。

 安田も「それが本番の一番楽しいノリなんですよ。今まで積み重ねてきたマルのすごいところなんですよ。本番で違うことのできるその度胸もすごいことですよ」と、相方を立てるコンビ愛を見せていた。



オリコントピックス