• ホーム
  • 芸能
  • 「ひまわりの約束」がぐっすり快眠にいい? 科学的効果を追求したアレンジ曲を配信

「ひまわりの約束」がぐっすり快眠にいい? 科学的効果を追求したアレンジ曲を配信

 『爽健美茶』が15周年を迎えるリラクシング・ミュージック・コンピレーション『image』で活躍のアーティストらとタッグを組んだ新キャンペーン「爽健美音ボトル」を5月11日より開始。「ひまわりの約束」や「ハナミズキ」など、誰もが知っている名曲を、オリジナルアレンジし、1日の4つのシーンに合わせた楽曲として配信される。同アレンジ楽曲には、中島美嘉などのプロデュースを手がける羽毛田丈史やヴァイオリニストの宮本笑里らが参加している。

 同キャンペーンでは、“すっきり目覚め”、“すこやかリフレッシュ”、“こころデトックス”、“ぐっすり快眠”の4種類の限定パッケージを購入すると、それぞれのキレイを音楽心理学で追及した名曲アレンジを聴くことができる。第4弾まで行われるキャンペーンでは、「雪の華」や「手紙〜拝啓十五の君へ〜」など全16曲が配信される。楽曲の選定からアレンジ、音色の開発にいたるまで、音楽心理学の権威である金沢工業大学・山田真司教授が監修し、音による科学的な側面からキレイを追及した楽曲を制作。

 また、アレンジと演奏には、谷村新司松下奈緒のサウンドプロデュースを手がける青柳誠、映画『いま、会いにゆきます』の音楽を手がける松谷卓ら『image』で活躍のアーティストや同世界観にあった気鋭のアーティストが参加。アレンジ楽曲は、4種類それぞれに適した様々な音をサンプリングし合成。植物から取り出した信号を、音色のビブラートに加えることによって、より有機的な印象に仕上げられた。さらに、この音色を奏でるピアノも今回特別に制作されている。

 『爽健美茶』は、「爽やかさ、健やかさ、美しさをもたらしてくれるブレンド茶」というコンセプトのもと、1994年より全国販売。無糖茶の定番として、ブレンド茶という新たなカテゴリーを確立。『爽健美茶 すっきりブレンド』のCMには、昨年に引き続きイメージキャラクターを務める女優の綾瀬はるかが出演し、5月11日から7月中旬まで販売される予定。


『爽健美茶』公式サイト

オリコントピックス