• ホーム
  • 芸能
  • 【テレ東】『三匹のおっさん』初回視聴率は11.0%

【テレ東】『三匹のおっさん』初回視聴率は11.0%

 俳優の北大路欣也泉谷しげる志賀廣太郎が出演するテレビ東京系ドラマ『三匹のおっさん2〜正義の味方、ふたたび!!〜』(毎週金曜 後7:58)の第1話が24日に放送され、平均視聴率が11.0%だったことが27日、わかった。ビデオリサーチ調べ、関東地区。

 有川浩氏の小説『三匹のおっさん』シリーズをドラマ化した同作は、剣道の達人キヨ(北大路)、柔道家のシゲ(泉谷)、電子機器を駆使する頭脳派のノリ(志賀)が私設自警団“三匹のおっさん”を結成し、痴漢や悪徳詐欺、動物虐待など、町内の悪を一蹴する痛快ストーリーの第2弾。前作では、最終回視聴率が12.6%、平均視聴率も10.2%で2桁越え。同局の連続ドラマで1989年以降のプライムタイム(時代劇を除く)の史上最高を記録し、初の快挙を果たしている。

 第1話は、私設自警団結成から1年たった今も清一(北大路)、重雄(泉谷)、則夫(志賀)の3人が町内の夜回りを続けているシーンからスタート。町内でお化けの目撃情報が次々と挙がり、興味を持った隼人(鈴木福)ら小学生が退治を試みるなど騒動が大きくなったため、3人は調査に乗り出す…というストーリーだった。



オリコントピックス