• ホーム
  • 芸能
  • 前園氏、ロベカルのユニフォームをロッカールームに放置?

前園氏、ロベカルのユニフォームをロッカールームに放置?

 元サッカー日本代表で解説者の前園真聖氏が、26日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。1996年アトランタ五輪で対戦したブラジルのスター選手、ロベルト・カルロスとユニフォーム交換した後、ロッカールームにそのユニフォームを放置したことを明かした。

 映画『風と共に去りぬ』の主人公が着用したドレスがオークションで高額で落札されたニュースを紹介したコーナーで、MCの東野幸治が前園氏に「国際試合とかで有名選手と交換したお宝ユニフォームを持っていないですか?」質問すると、前園氏は「ユニフォーム交換しても、そのままロッカールームに置いて帰る」と驚きの告白をした。

 その理由を「汗かいてビチョビチョだし、においもすごいので」と説明。それに反応したコメンテーターのスポーツライター・金子達仁氏が「アトランタ五輪のブラジル戦で誰と交換しました?」と質問すると、「ロベルト・カルロスです」とビッグネームの名前が飛び出した。

 2002年の日韓W杯で優勝したブラジル代表や、”銀河軍団”時代のレアル・マドリード(スペイン)の不動のレギュラーとして大活躍したスター選手のユニフォームも「ロッカールームに置いて帰った」という前園氏に、スタジオから驚きの声が上がった。

 「捨てたわけではなく、置いておいただけ」という前園氏だが、ロベカルの価値を知る金子氏は「激レアですよ」と思わず絶句。コメンテーターの松本人志も「潔癖症というか、なんなんでしょ」と前園氏に聞くも「汗でビチョビチョだし、においも…」と独自の理論を繰り返し、笑わせた。



オリコントピックス