• ホーム
  • 音楽
  • AKB横山由依、“ジキソー”の決意「失敗恐れない」

AKB横山由依、“ジキソー”の決意「失敗恐れない」

 AKB48横山由依が、このほど都内で行われた自身初のDVD/Blu-ray作品『ゆいはんの夏休み〜京都いろどり日記〜』の購入者イベント前にORICON STYLEのインタビューに応じた。“聖地”AKB48劇場(東京・秋葉原)の9回目の誕生日であり、自身の22回目の誕生日でもあった昨年12月8日、総監督の高橋みなみ(24)から後継に指名され4ヶ月余り。「春の人事異動」も相まってAKB48が大きく変わろうとしている今、大役を任された“ジキソー”こと次期総監督の横山が、はんなりと胸中を語る。

――地元・京都で撮影された初の映像作品『ゆいはんの夏休み』には、伝統を守る職人たちとの対話も収められています。今後AKB48の歴史を作っていくために参考になったことは?

【横山】 どの職人さんにお会いしても、伝統は守っているけれど、自分の代で新しい商品を開発されてもいるんですね。AKB48でも今までやってきた劇場公演や握手会といったファンの方とふれあうイベントはすごく大事で守っていきたいと思いますが、それ以外に新しいイベントなども考えてみたいです。メンバーが今まで思っているだけで言ってこなかったことをスタッフさんに伝えて、失敗を恐れずにいろんなことに挑戦したい。「みんなで一緒に作るAKB」というのが自分のテーマかなと思います。

――新しいイベントの構想は?

【横山】 具体的なことは決まっていないんですが、握手会などを通してファンの方の意見を一番身近で聞いているのはメンバーなので、もっとこうしたらいいんじゃないかという意見はいっぱいあって。例えば握手会の会場には、通りすがりで来た方っていないんですね(CD購入者対象のため)。なので、オープンな場所で通りすがりにミニライブを見て興味を持った人が握手に来てくれるような、新しいファンと出会える場を考えたい。コンサートもメンバーの多さを活かしきれていなかったところを、限界を決めずに挑戦すれば可能性は広がると思います。これからは「変える」という意識を持ってやっていきたい。

――昨年12月に次期総監督に指名されてから4ヶ月。意識の変化は?

【横山】 よく「プレッシャーですか?」って聞かれるんですけど、プレッシャーは感じていないんですよ。自分自身に関しては、いい意味で変わらないところが良さなのかなと思っていて。カリスマ性もないし、背中で引っ張るタイプでもない。だからこそ、みんなと同じ目線で物事を考えて、悩んで、楽しくやりたい。“たかみな(高橋みなみ)さんみたいにならないと”というよりは、自分が9期生で後輩との距離が近い分、先輩と後輩をつないだり、今まで当たり前にやってきたことを今までどおりやることによって、何か気づく後輩がいたらいいな。

――『ジキソー未だ修行中!』と題した3月のAKB48単独コンサートでは、「春の人事異動」が発表されました。

【横山】 今までキャプテンをやったことがない高橋朱里(12期生)がチーム4、木崎ゆりあ(SKE3期生)がチームBのキャプテンになったり、大島涼花(13期生)がチームBの副キャプテンになったりと、AKB48がガラッと変わるきっかけがこの人事異動だったのかなと思います。朱里と涼花は、本人としてはまとめるポジションを任されるのはまだ早いと思っているかもしれないけど、それぞれのキャプテンの形を探り探り作っていってほしいですし、それが新しいAKBの形になっていくんだと思います。

――仲がいい川栄李奈さんの卒業、北原里英さんの新潟・NGT48移籍発表もありました。

【横山】 川栄の卒業発表はすごく前向きなもの。もともとお芝居がすごく好きで、AKB48に入ってお芝居にかかわることが多くなって、卒業して挑戦してみたいという相談はずっと受けていました。私は一番、応援しています。ちょっと寂しいですけど、川栄の卒業後の活動がAKB48の歴史にもなっていくと思うので楽しみです。北原さんの移籍は聞いていなかったのでびっくりしたんですが、里英ちゃんはAKB48に入って7年くらいになるのかな? 今から新しいことを一からやるってなかなか決断できることじゃないと思う。里英ちゃんに勇気をもらって、AKB48で新しいことをやりたいなと思えました。

――気負いはないようですが、課題は先輩たちも心配しているトーク力向上?

【横山】 アハハハ(爆笑)。“話し方がうまくなる本”を買って、ちょいちょい読んだりしてるんですけど(笑)。うまく話せなくても、簡潔にまとめられたらいいなと思っているんですけどね。後輩でもトークが上手な子がいるので、まとめるのが無理やと思ったら任せてみようかと。たかみなさんは一人で仕切っていて、すごいことだしあこがれもあるんですけど、私はそういうタイプではないので、コンサートでは指原(莉乃)さんにお願いしたり、朱里に頼んだり、周りに頼って支えてもらいながら成長していきたいです。

――今年の『AKB48選抜総選挙』の目標順位は7位とのことですが。

横山 大きく出たなと思われていると思うんですけど(笑) 去年も一昨年も13位だったんです。うれしかったんですけど、同じ順位でも票数が1万票くらい減っていたり、後輩が上にいたりで。自分の中でキャプテンだから順位は関係ないと思っているところがあったんですが、自分もメンバーの一人なんだと気づいて。もっと前で歌いたいし、もっと上に行きたい。総選挙の順位がすべてだとは思いませんが、多くの方に自分を知ってもらえる機会でもある。最近は言われることがないですけど、「神7」にあこがれがあるので目標は7位。高めですけど、ファンの方と一緒に頑張りたいなと思います。

――総選挙のスピーチで震える“伝統芸”は今年も?

【横山】 アハハハ。毎年その場にならないとわからないんですよ。去年は大丈夫かもと思っていたけど、震えるんですよね。魔物がいるんですよ(笑)

――京都やましろ観光大使として、ゴールデンウィーク、夏休みの京都のおすすめスポット、グルメを紹介してください。

【横山】 つい最近ロケで行った長岡京の名産がたけのこで、あんぱんの中にたけのこが入っていて面白いなと思いました。あとは定番ですけど、夏はやっぱり鴨川ですね。京都の夏は暑いですが、川床でお料理が食べられるのでオススメです。



関連写真

  • 次期総監督に指名され4ヶ月、胸中を語ったAKB48の横山由依 (C)ORICON NewS inc.
  • 春の人事異動、総選挙についても語った横山由依 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス