• ホーム
  • 芸能
  • 漫画『orange』が実写映画化 高校生6人の青春を描くSFラブストーリー

漫画『orange』が実写映画化 高校生6人の青春を描くSFラブストーリー

 『月刊アクション』(双葉社)で連載中の高野苺氏による漫画『orange(オレンジ)』が実写映画化されることが24日、わかった。きょう25日に発売された同誌で発表された。今年12月に東宝系にて公開予定で、監督およびキャストは今後明らかになる。

【写真】その他の写真を見る


 同作は長野県松本市を舞台に、6人の高校2年生たちの青春を描く。新学期の朝、主人公・菜穂のもとに10年後の自分から手紙が届く。手紙にはこれから菜穂の身に起こることと、とるべき行動が記されていた。菜穂はクラスメイトたちと協力し合い、未来を変えるため奮闘するSFラブストーリー。

 当初、同作は『別冊マーガレット』(集英社)の2012年4月号より連載を開始。12月号の9話までが同誌で掲載され、その後『アクション』への移籍を発表した。『アクション』では14年4月号から連載が再開。現在は、単行本4巻まで刊行されており、累計販売部数は150万部を超えている。

 また、映画公開までの期間限定で、高野氏のメッセージ入り『orange スターターブック』がAmazon Kindleストアにて無料で購読できる。



関連写真

  • 高野苺氏の漫画『orange』が実写化! 今年12月に公開 (C)高野苺/双葉社
  • 『orange』単行本1巻の書影 (C)高野苺/双葉社
  • Amazon Kindleストアにて無料で購読できる『orange スターターブック』 (C)高野苺/双葉社
タグ

オリコントピックス