• ホーム
  • 映画
  • “ジジイ”俳優陣、北野武監督に感謝「こんなに大切に…」

“ジジイ”俳優陣、北野武監督に感謝「こんなに大切に…」

 映画監督の北野武(68)、俳優の藤竜也(73)、近藤正臣(73)、中尾彬(72)が25日、都内で行われた映画『龍三と七人の子分たち』の初日舞台あいさつに出席。平均年齢73歳の“ジジイ”俳優陣は作品が封切りとなり、各々が北野監督への感謝を口にした。

 主演の藤は「無事に(撮影が)終わるだけでも奇跡的だったんですけど、きょうまで頑張ろうって話をしていた」と冗談を交えながら、「こうして満席のお客さんの前でごあいさつできるのはうれしい」と感無量の様子。

 北野監督をチラリと見た中尾は「ジジイに仕事はないからさ…北野監督には感謝してる」と感慨深げ。近藤も「こんなにバカげたことをやってくれて、すごくうれしかったね。全部、ジジイでズラっと並ぶ。この時期にジジイをこんなに大切にしてくれるのかって」と喜んでいた。

 俳優陣からのコメントを照れくさそうに聞いていた北野監督は「日本の役者はうまいです。お笑いをやってない人がこれだけ笑わせるなんてすごいです」と絶賛し、「感謝しています」と労っていた。

 同作は、引退した“元ヤクザのジジイ”たちと“詐欺集団のガキ”との対決を北野監督がコメディータッチに描く。高齢化社会やオレオレ詐欺など、昨今の社会問題にも鋭く切り込んでいく、世代を超えて楽しめるエンターテインメントに仕上がっている。舞台あいさつにはそのほか、安田顕(41)も出席した。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス