• ホーム
  • 芸能
  • 山田孝之主演『REPLAY & DESTROY』第1話を先行配信

山田孝之主演『REPLAY & DESTROY』第1話を先行配信

 動画配信サービス「auビデオパス」では、俳優の山田孝之が主演するドラマ『REPLAY & DESTROY』の第1話をテレビ放送開始に先駆け、25日午前0時から午後11時59分までの24時間限定で先行上映を実施する(先着1000人まで)。

 同ドラマは、2011年に「au LISMO Channel」のオリジナルコンテンテンツとして制作され、au携帯のみという限られた視聴環境にも関わらず(ビデオソフト化もされなかった)、ファンの間でいまだに話題に上がる傑作。今回、1クールの連続ドラマとして制作され、地上波放送が決まり、auビデオパスで独占配信されることになった。

 男3人のシェアハウスを舞台に、映画監督を目指す日本一偉そうなフリーター・横山要とその仲間たちが、周囲で起こる気になる出来事や悩める他人に無理やり関わっていき、「屁理屈と無駄話によって、何かが変わる瞬間」に立ち会っていく。

 脚本・監督を務めるのは、TV・映画『荒川アンダーザブリッジ』、映画『大人ドロップ』などの飯塚健氏。屁理屈、うんちく、無駄話…、怒涛のしゃべりで人を自分のペースに引き込み、自分のことは棚上げにして“生きる哲学”をくりだす主人公・横山要役を山田が熱演する。ルームメイトの偏差値72の薬学科大学院生・真野真広役で林遣都、宅配会社勤務で背筋力280キロの筋肉男・新田広重役で阿部進之介が共演。

 今作で、山田は主演俳優のみならず、“企画”という名義でもクレジットされている。山田は「もっと一緒に面白くしたい」と、スタッフ打合せやオーディションに参加し、番組ロゴづくりにも意見を出したという。そんなピュアな情熱に突き動かされ、満を持して地上波という大海へ船出する『REPLAY & DESTROY』。飯塚監督は「いつか映画にしたい」という野望も口にしている。20分強のケータイドラマからスタートした同作が、どこまでその世界観を広げていけるのか。エモーションと熱量たっぷりの予告編も公開中。

■『REPLAY & DESTROY』第1話ビデオパス限定先行上映の詳細
http://auone.videopass.jp/navi/premium/2103

■放送情報
TBS:4月28日スタート、毎週火曜 深1:11※初回のみ深1:14〜
MBS:4月26日スタート、毎週日曜 深0:50、ほか
auビデオパス:4月30日配信スタート、毎週木曜 深0:00〜
http://www.videopass.jp/

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス