• ホーム
  • 映画
  • 綾野剛、“父”向井理の決意に「グッときた」

綾野剛、“父”向井理の決意に「グッときた」

 俳優の向井理(33)、綾野剛(33)が23日、都内で連続ドラマを映画化した『S -最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』(8月29日公開)製作報告会に出席。向井が、妻で女優の国仲涼子(35)の第1子妊娠を改めて報告し、父になる喜びを語ると、横で聞いていた綾野は「グッとくるものがあります。僕もうれしく思います」と祝福した。

【写真】その他の写真を見る


 「グッときた」理由について、綾野は本作が「人は必ずいつか逝き、また新しい生命を宿す、その繰り返しのなかで人々がどう生きていくかをきちんと描いた作品になっています」と前置きし、「そういったなかで、理の報告は大変グッとくるものがありますし、僕もうれしく思います」と説明した。

 同作は、小森陽一氏原作・藤堂裕氏作画による漫画を実写化。警察庁内に設けられた架空の特殊部隊・警察庁特殊急襲捜査班(通称NPS)の猪突猛進な隊員・神御蔵(向井)や神御蔵と対立する冷静沈着なSAT隊員・蘇我(綾野)らの“命をかけて命を守る”男たちの活躍を描く。昨年1月にTBSでドラマ版が放送された。

 映画版では、日本全土を燃やし尽くすほどの核燃料を積んだ輸送船が何者かによって乗っ取られ、NPSのメンバーが事件解決に乗り出す。映画版の新キャストに海上保安庁最強の男として、俳優の青木崇高が発表された。

 そのほか、新垣結衣吹石一恵大森南朋平野俊一監督、韓哲プロデューサーが出席した。



関連写真

  • 父になる喜びを語った向井理(右)を祝福した綾野剛(左)(C)ORICON NewS inc.
  • 「理の報告は大変グッとくるものがあります」と話した綾野剛 (C)ORICON NewS inc.
  • 『S -最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』製作報告会に出席した新垣結衣(C)ORICON NewS inc.
  • 『S -最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』製作報告会に出席した(左から)韓哲プロデューサー、平野俊一監督、吹石一恵、綾野剛、向井理、新垣結衣、大森南朋(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス