• ホーム
  • 芸能
  • 元テラハ・今井洋介が舞台初挑戦「新しい人生の始まり」

元テラハ・今井洋介が舞台初挑戦「新しい人生の始まり」

 フジテレビ系『テラスハウス』出身の今井洋介が23日、都内で行われた山田ジャパン 舞台『大渋滞』制作発表記者会見に出席。同作で舞台デビューを果たす今井は「テラスハウスの映画も終わって、新しい人生の始まり。自分にとってのステップで、大事な時期。皆さんに教わりながら役者としての一歩を踏み出したい」と意気込んだ。

【写真】その他の写真を見る


 今井は、昨年行われた同劇団の舞台『記者倶楽部』を観て感銘を受け、ワークショップ兼オーディションを経て今回参加が決まった。「自分がまったくやったことのないことの一つが役者だった。向いてる向いていないの前に、楽しそうで心惹かれるものをやろうと思った」と役者に挑んだ理由を説明。代表の山田能龍氏は「平たく言うと、ええ奴。演技のスキルはまだ始めたばかりという感じだけれど、人間性と演技は一致していくと思う」と今後に期待を寄せていた。

 また、同作で共演するあやまんJAPANのあやまん監督は「共演者キラーになりたい。今井くんみたいなイケメンをいただいちゃおうかな」と早くもラブコール。今井も「召し上がれ」とノリノリな反応を見せると、いとうあさこエネルギー森一弥ら共演者から「けいこが気まずい」「気持ち悪い」と苦笑されていた。

 同作は、渋滞しているそれぞれの車のなかで起こるドラマを描くコメディー。5月7日より、東京・赤坂RED/THEATREにて上演。



関連写真

  • 舞台初挑戦の意気込みを語った今井洋介(C)ORICON NewS inc.
  • 会見にはいとうあさこ、あやまん監督らも出席(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス