• ホーム
  • 芸能
  • 重松隆志、今井雅之代役の意気込み語る「今の僕はやるしかない」

重松隆志、今井雅之代役の意気込み語る「今の僕はやるしかない」

 大腸がんを患っていたこと公表し、主演舞台『WINDS OF GOD』を降板する今井雅之(54)の代役を務める俳優の重松隆志が22日、ブログを更新。今井へのエールと、自身が大役に臨む心境をつづった。

 重松は、今井が舞台本番前に必ずかける言葉「Let’s go for it!(やるしかない)」を引用し、「今、その言葉を胸に、懸命にリハーサルをしています」と報告。今井から直接、電話で代役を頼まれたことを明かし、「とにかく今の僕はやるしかない」と力強く意気込みを述べた。

 続けて「本当に残念で心配かと思いますが、ファンの皆様ならご存知の通り、今井雅之の精神力、生への強いエネルギーは今までと何ら変わりはありません」と今井や舞台のファンに向けて語り、「最高の舞台を創りあげるために、一日一日、生きて、生きて、生きまくります!!」と強い決意で締めくくった。



オリコントピックス