• ホーム
  • スポーツ
  • 亀田和毅は“王座統一戦”に向け「追い込み中」 兄・興毅がブログで報告

亀田和毅は“王座統一戦”に向け「追い込み中」 兄・興毅がブログで報告

 ボクシング元世界3階級王者の亀田興毅(28)が23日、自身のブログを更新。弟で世界ボクシング機構(WBO)世界バンタム級王者の亀田和毅(23)が来月9日に行う予定の世界ボクシング協会(WBA)同級王者との試合に言及し、「和毅も絶好調 5月9日の試合に向けて、最終の追い込み中!」と2ショット写真を添えて報告した。

 この試合をめぐっては、WBOが21日、和毅とWBA同級王者のジェイミー・マクドネル(英国)が来月9日に米国で行う予定の試合を「王座統一戦」とは認めない、と発表。報道によると、WBOは理由として、WBA世界バンタム級にはマクドネルより上位のスーパー王者がいることを挙げ、未承認のまま試合をすれば、和毅の王座を剥奪する可能性も取り沙汰されている。

 「ひたすら」のタイトルでブログを更新した興毅は「今日も一日終わり!いやぁ〜、毎日練習の日々」と練習の風景を写真付きで伝え、「和毅も絶好調 5月9日の試合に向けて、最終の追い込み中!練習も一段とハードになってる」とつづった。

 その上で「良い試合になると思う 引き続き、終わりのない、ゴールのない道を歩き続けるか!」と報道には触れないまま、弟の背中を押した。



オリコントピックス