• ホーム
  • 芸能
  • 【オリコン】『ダンまち』文庫最新刊がシリーズ初首位 週間売上も過去最高

【オリコン】『ダンまち』文庫最新刊がシリーズ初首位 週間売上も過去最高

【ランキング表】
BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 最新4/27付のオリコン週間“本”ランキング文庫部門で、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか7』(著:大森藤ノ、イラスト:ヤスダスズヒト)が週間5.1万部を売り上げ1位となった。4月よりアニメ放送もスタートし、注目度が高まっている同作は『〜5』が記録した同文庫シリーズの最高位(5位)と最高週間売上部数(3.0万部)をいずれも上回り、シリーズ初の1位を獲得した。

 2位には、先週付の4位から順位を上げた『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 文庫特別版』(坪田信貴)が登場(週間売上3.8万部)。既発の単行本版からストーリー部分を抜き出した同文庫は、5月1日より女優の有村架純主演で公開される映画の話題も追い風に、単行本(最高位2位)も含めて初のランキング1位獲得が視野に入ってきた。

 また、放送中の嵐・相葉雅紀主演フジテレビ系“月9”ドラマの原作『ようこそ、わが家へ』(池井戸潤)が週間売上3.2万部で先週付の18位から4位に上昇。今週付で累積売上51.6万部に達した同文庫はランキング登場86週目にして初のTOP5入りとなった。

 6位には週間売上2.3万部の『アルジャーノンに花束を 新版』(著:ダニエル・キイス、訳:小尾芙佐)、10位には週間売上1.5万部の『64上』(横山秀夫)がランクインし、4月より放送開始となったドラマの原作3作品が同部門TOP10入りで好調を示した。

 そのほか、総合部門にあたるBOOK部門では週間売上3.3万部の『鹿の王 生き残った者 上』(上橋菜穂子)が1位。またコミック部門では『進撃の巨人16』(諫山創)が週間売上35.3万部で1位となり、いずれも2週連続で1位の座をキープした。

■調査協力店
旭屋書店、アニメイト、Amazon.co.jp、紀伊國屋書店、くまざわ書店(くまざわ書店/いけだ書店/ACADEMIA)、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、セブンネットショッピング、TSUTAYA、戸田書店、明屋書店、フタバ図書、ブックスタマ、丸善、漫画全巻ドットコム、未来屋書店(未来屋書店/ミライア/ブックバーン/LE MIRAI/MIRAIYA SHOTEN)、八重洲ブックセンター本店、有隣堂、楽天ブックス、LIBRO、WonderGOO ほか全国書店3119店舗(WEB通販含む)※2015年4月27日付現在(五十音順)

■オリコン“本”ランキング
書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上をもとに全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらをもとに月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30



オリコントピックス