• ホーム
  • 芸能
  • 自称“並びニスト”U字工事、3年半で182店舗「かなりの時間を行列に捧げた」

自称“並びニスト”U字工事、3年半で182店舗「かなりの時間を行列に捧げた」

 テレビ朝日系バラエティー『いきなり!黄金伝説。』(毎週木曜 後7:00)の企画で、全国の“行列が出来る即日完売グルメ”を食べ尽くすため、実際に行列に並び、自ら“並びニスト”と名乗ってきたお笑いコンビのU字工事(福田薫・益子卓郎)。初挑戦は2011年10月20日放送分。以来、3年半で182店舗、長蛇の列に並び続けた。福田は「冷静に考えてみると、かなりの時間を行列に捧げた。30代の青春を待って過ごした感覚がありますね」と感慨深げに振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 「テレビに出られるのはうれしいけど、ロケが過酷なので、スケジュールが決まると複雑(笑)。気が重くなって、ずっと手帳を見ちゃう」と、福田が本音を漏らすと、益子も「ディレクターさんがストイック! すごい精神力と体力で、休もうとせず、ずっと働いている」とその過酷ぶりを明かす。

 並びニストとしてのこだわりは「どんな手段を使ってでも、先頭に並ぶという気持ち。あと、隣の店に迷惑をかけないよう、きれいな行列を作りたいと思っているので、ふらふら動かずにビシッと並ぶようにしてます」と益子が真剣に答える。

 福田は「行列に並んでる人たちと仲良くなって、各地の思い出を少しでも作ること」を挙げ、「『赤福』の『朔日餅』を手に入れるために11回並んだ時(13年8月1日放送分)なんて、並んでる方から差し入れをもらったり、小さい女の子から手紙をもらったりしたんです。すごくいい思い出ですね」と懐かしんだ。

 この「朔日餅」には後日談があり、「女の子からは手紙とともにバレンタインの贈り物をもらったので、3月にお返しを持っていったんです。カメラは回っていなかったので、当然オンエアはされなかったんですけどね」(益子)。

 プライベートでも行列のできる店が気になるようになったという二人。福田は「『一緒に並ぼうよ』と声をかけられるようになりました。世間の方に“U字工事=並んでる”というイメージが定着したので、すごくありがたいです」。益子も「タクシーで移動する時も、運転手さんから店の情報をもらったりしています。いろんな人から『並ぶ伝説のヤツ、見てるよ!』と声をかけていただけるので、うれしいですね。あと、おかげさまで舌も肥えました!」と話していた。

 U字工事が挑む最新の「2015年最強の行列が出来る即日完売グルメベスト10実際に並んで食べ尽くす!」は、23日午後7時からの『いきなり!黄金伝説。』2時間スペシャル内で放送される。「芸能人おこづかい1万円 路線バス乗継バトル 春の陣」完結編との2本立て。



関連写真

  • 3年半で182店舗の行列に並んだU字工事(C)テレビ朝日
  • “並びニスト”ならではの美しい行列(C)テレビ朝日
  • 『2015年最強の行列が出来る即日完売グルメベスト10実際に並んで食べ尽くす!』4月23日放送(C)テレビ朝日
  • 4月23日放送、『2015年最強の行列が出来る即日完売グルメベスト10実際に並んで食べ尽くす!』3年半で182店舗の行列に並んだU字工事(C)テレビ朝日
  • 4月23日放送、『2015年最強の行列が出来る即日完売グルメベスト10実際に並んで食べ尽くす!』3年半で182店舗の行列に並んだU字工事(C)テレビ朝日

オリコントピックス