• ホーム
  • 芸能
  • ザ・ワイルドワンズの加瀬邦彦さんが死去 事務所が正式発表

ザ・ワイルドワンズの加瀬邦彦さんが死去 事務所が正式発表

 「想い出の渚」などで知られるグループサウンズのバンド、ザ・ワイルドワンズのリーダーで音楽家の加瀬邦彦(かせ・くにひこ)さんが20日午後9時に死去した。74歳だった。所属事務所が22日、FAXを通じて正式に発表した。

 加瀬さんは、昨年2月に下咽頭がんを発症し3月に手術を行い成功。その後、自宅療養しながらステージ復帰を目指していた。所属事務所によると「今月に入り体調が優れず精神的に不安定になり、自宅にて自死致しました」と説明。「必ずステージに戻ってくると信じておりましたが、願いが届かず無念です。療養中にお励ましいただきました皆さまには心より深く感謝申し上げます」と伝えている。

 加瀬さんはザ・スパイダース、寺内タケシとブルージーンズなどを経て、1966年にザ・ワイルドワンズを結成。バンド名は加山雄三が命名した。1971年の解散後は沢田研二のプロデュースやヒット曲「TOKIO」などの作曲家として活躍した。

 通夜は27日午後6時から、告別式は28日午前11時からともに東京・護国寺の桂昌殿で営まれる(東京都文京区大塚5-40-1)。



オリコントピックス