• ホーム
  • 映画
  • 常盤貴子主演『向日葵の丘-1983年夏』、劇中カット解禁

常盤貴子主演『向日葵の丘-1983年夏』、劇中カット解禁

 女優の常盤貴子が主演する映画『向日葵の丘-1983年夏』の公開日が8月22日に決定し、劇中カットが初公開された。携帯もパソコンもなかったバブル直前の時代を舞台に、「1983年」という時代を見つめながら、友だちや親子の絆の大切さを描く同作。その温かみあふれる物語の雰囲気が映し出されている。

 同作には、現在放送中のNHK連続テレビ小説『まれ』でヒロインの母親役を演じている常磐のほか、田中美里、藤田朋子、別所哲也、津川雅彦らベテラン実力派俳優陣が集結している。メガホンをとるのは、大林宣彦監督を師事している太田隆文監督。

 同作は、常盤演じる主人公が、一緒に映画館に入り浸り、町を巻き込んで8ミリ映画を作った高校時代の友だちの余命を知り、青春時代を回想しながらふるさとに戻るというストーリー。



オリコントピックス