• ホーム
  • 芸能
  • 『ルパン三世』30年ぶり新シリーズ、今秋に日テレ放送 大野雄二氏も参加

『ルパン三世』30年ぶり新シリーズ、今秋に日テレ放送 大野雄二氏も参加

 30年ぶりとなる『ルパン三世』テレビアニメの新シリーズが、今秋より日本テレビで放送されることが20日、発表された。また「ルパン三世のテーマ」の生みの親である大野雄二氏が音楽を担当することも決定。ルパン同様、30年ぶりにテレビシリーズに参加する大野氏は「どまん中のルパンが帰ってくる。これぞルパンサウンド! そんな音楽をお楽しみに」と期待を喚起している。

 新シリーズの制作は、昨年10月にフランス・カンヌで開催された『MIPCOM』で明らかにされた。1985年の「ルパン三世 PART III」終了以来となるテレビアニメシリーズで、イタリア、サンマリノ共和国を舞台に物語が展開される。5月よりイタリアRTI局が全世界に先がけて放送を開始する予定。

 なお、2012年の『LUPIN the third 〜峰不二子という女〜』は、不二子が主役のスピンオフシリーズという位置づけとなっている。

 総監督は、劇場版『カリオストロの城』など、『ルパン三世』シリーズのアニメーター・作画監督として数々の作品に参加した友永和秀氏。監督に矢野雄一郎氏、シリーズ構成は『TIGER&BUNNY』の高橋悠也氏が務めることは、すでに発表されたとおり。アニメーション制作はテレコム・アニメーションフィルムが手がける。

■公式サイト
http://lupin-new-season.jp/



関連写真

  • 初公開された『ルパン三世』新シリーズの場面カット  原作:モンキー・パンチ(C)TMS
  • 音楽を手がける大野雄二氏 新たなテーマにも注目だ
  • ルパンがテレビに今秋に帰ってくる! 原作:モンキー・パンチ(C)TMS

オリコントピックス