• ホーム
  • 音楽
  • EXO、30万人動員の東京・大阪ドーム6days決定 海外アーティスト史上最速記録

EXO、30万人動員の東京・大阪ドーム6days決定 海外アーティスト史上最速記録

 韓国出身の人気グループ・EXOが19日、神奈川・横浜アリーナで初のファンクラブイベント『EXO-L-JAPAN FANCLUB EVENT 2015 ”EXO CHANNEL”』を開催した。日本デビュー前にもかかわらず、今年11月6日から3日間にわたって東京ドーム、同月13日より3日間にわたって京セラドーム大阪でライブを行うことをメンバーが発表すると、悲鳴にも似た歓声が沸き起こった。EXOは、2012年4月5日に韓国と中国でデビュー。海外アーティストがデビューから3年7ヶ月で同2ヶ所でライブを行うのは史上最速記録。6日間で30万人を動員する予定。

 この日のオープニングはメンバー1人ひとりサブステージに登場すると、大歓声のなか会場を二手に別れメインステージまでの道のりを手を振ったり、投げキスしたりゆっくりと歩いて移動。残念ながらタオが足の怪我のためにイベントに参加できず「タオのぶんもがんばります!」とリーダーのスホが報告。「今日は、皆さんに会えたからテンションが高いです。素敵な思い出を作りましょう」(カイ)、「みなさんに会えて僕も幸せです」(シウミン)、「楽しい時間を作りましょう」(チェン)とメンバーそれぞれ、久しぶりのファンとの再会を喜んだ。

 テレビ番組をコンセプトに行われ、トークチャンネルでは、メンバーの素顔を垣間見れた。「メンバーの中で、彼女にするのは誰がいい?」との質問に、チャンヨルは「僕はセフン。性格がかわいい」とラブコールを送ったが、「僕はディオさん。見た目と違ってすごく男らしく、謎めいたところがある。女の子ならみんなディオさんを好きになると思う」(セフン)とあっけなくフラレ、「質問の意味わかってないよ」(チャンヨル)と悲しそうにした。一方のスホは「僕は正直言っていません。僕なら僕自身とつきあいます」と自信満々に語った。続いて「誰が一番モテる?」との質問に、ほとんどのメンバーがカイを指さし、「カイはセクシーなのでとても人気がある。女性が好きそうなことをすべて備えている」(チャンヨル)と絶賛した。

 続くアートチャンネルでは、タオの代わりに次長課長の河本準一がゲスト参加。アートチャンネルでは、2つのグループにわかれユニコーンとニワトリの絵を交代で描き、完成した絵のクオリティを競い合った。ゲームチャンネルでは、「すごろくゲーム」で競い合い、会場を二手にわかれ、「愛嬌をふりまいて」などすごろくの目であたったお題をクリアし、ファンと一緒に楽しんだ。ラストのミュージックチャンネルでは、人気曲「Growl」や初披露となった新曲「Call Me Baby」を熱唱。ファンと触れ合いなが歌唱した。

 イベントラストは、メンバーが東京と大阪でのドーム公演を発表。嬉しさのあまりベクヒョンは「信じられない」と叫び、「僕は今すでに緊張しています。本当ににすごいことです」(ディオ)としみじみ。「以前、事務所の先輩のドームコンサートを見て、僕たちも早くやりたいと思っていたけど、こんなにも早く実現できて嬉しいです」(カイ)、「日本のファンの皆さんのおかげです」(レイ)と喜んだ。シウミンは「大きな会場を埋められるか心配です。でも、会場を埋め尽くせるように一生懸命がんばります」と意気込んだ。

 EXOは、ライブBlu-ray Disc『EXO FROM. EXOPLANET♯1 - THE LOST PLANET IN JAPAN』(3月18日発売)が初週1.7万枚を売り上げ、3/30付オリコン週間BDランキング総合1位に初登場した。日本デビュー前にもかかわらず、安定した人気ぶりをみせた。



関連写真

  • 東京と大阪ドーム6days決定したEXO(左からレイ、カイ、ベクヒョン、チェン、ディオ、スホ、セフン、チャンヨル、シウミン)
  • EXO(左からベクヒョン、スホ、シウミン、カイ、レイ、チャンヨル、ディオ、セフン、チェン)
  • EXO(左からセフン、チャンヨル、チェン、レイ、スホ、ベクヒョン、ディオ、シウミン、カイ)

オリコントピックス