• ホーム
  • 芸能
  • 『デスノート』初の連ドラ化 日テレ7月期より放送開始

『デスノート』初の連ドラ化 日テレ7月期より放送開始

 2003年から06年まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載された大ヒット漫画『DEATH NOTE』(原作:大場つぐみ、作画:小畑健)が7月から日本テレビ系で連続ドラマ『デスノート』(毎週日曜 後10:30)として放送されることがこのほど、明らかになった。これまで映画、アニメ、舞台化された同作だが、連ドラ化はこれが初めて。新たなキャストとオリジナルストーリーを加えた脚本で、“名前を書いた人間を死なせることができる”という死神のノート“デスノート”をめぐる天才たちの頭脳戦を描いていく。

 原作漫画は国内シリーズ累計発行部数3000万部突破、海外でも人気が高い。2006年公開の実写映画では“デスノート”を使って犯罪者を抹殺し、悪人のいない世界を創りだそうとする青年・月(ライト)を藤原竜也、彼と対峙する世界一の名探偵・L(エル)を松山ケンイチが演じ、話題を呼んだ。
 
 今回の連ドラでは、アニメや映画とは違う新たな展開、新たな結末のオリジナルストーリーを用意。月とL、そして原作の人気キャラクターであり、もうひとりの天才・N(ニア)など初めて実写化されるキャラクターも登場予定で、その配役に注目が集まる。

 脚本家など制作陣、キャストなどの詳細は後日発表される。



関連写真

  • 人気漫画『DEATH NOTE』が連ドラ化 (C)日本テレビ (C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 人気漫画『DEATH NOTE』が連ドラ化 (C)日本テレビ (C)大場つぐみ・小畑健/集英社

オリコントピックス