• ホーム
  • 芸能
  • 松岡茉優、連ドラ初主演作『She』スタート 『あまちゃん』に恩返しを

松岡茉優、連ドラ初主演作『She』スタート 『あまちゃん』に恩返しを

 数々の映画やドラマに出演し、女優としての活躍はもちろんのこと、バラエティー番組でMCをやってもロケに出かけても、その対応力の高さで存在感を放つ松岡茉優(20)。明石家さんまや爆笑問題の太田光も絶賛するポテンシャルを持つ松岡が、18日スタートのフジテレビ系ドラマ『She』(毎週土曜 後11:40)で連続ドラマに初主演する。「キラキラとして遠くにある存在」だった連ドラの主役。まだ、実感が湧かないと言いながらも、「勇気を持って作品に真っ直ぐ向かっていきたい」と意気込みを語った。

 8歳から子役として芸能活動を始め、『おはスタ』(テレビ東京)のおはガール(2008年4月〜10年3月)を経て女優へ。12年公開の映画『桐島、部活やめるってよ』の演技が高く評価され、13年の前期連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)でブレイク。14年は『GTO』(関西テレビ・フジテレビ)でメイン生徒役を演じ、お笑い番組『うつけもん』『オサレもん』(ともにフジテレビ)でMCに挑戦するなど、マルチに活動の幅を広げている。

 今年は、1月期に『問題のあるレストラン』(フジテレビ)、『限界集落株式会社』(NHK)の2本のドラマに出演し、2月に映画『リトル・フォレスト』(冬・春編)と『サムライフ』が公開され、待機作に『ストレイヤーズ・クロニクル』(6月27日公開)、『猫なんかよんでもこない。』(2016年公開)がある。

 そして、満を持して臨む連ドラ主演。「今回の作品の概要を初めて聞いた時、“fresh&edgey”というコンセプトと、スクールドキュメントサスペンスという挑戦的な内容の作品に主演できることがうれしかった反面、大きな責任も感じて緊張しました。25分間という短い時間に内容をギュッと凝縮した作品の中心で、しっかり、真っ直ぐ、立っていられるように頑張ります」と噛みしめるように語った。

 “学年で一番の美女”がこつ然と姿を消したことで、周りの人たちに波風が立つというストーリーを、長回しと手持ちカメラを多用してドキュメンタリー風に撮影。記録映像のような演出で、“どこかの学校で本当に起こっていることではないだろうか?”という感覚を誘う“スクールドキュメント”サスペンス。松岡は、失踪した“彼女”の親友でジャーナリスト志望の西澤涼子役で主演し、失踪の理由とその裏に潜む真実に迫っていく。

 この4月から土曜深夜に復活するフジテレビ系のドラマ枠“土ドラ”。松岡のトーク力を自身のラジオ番組で絶賛していたさんまの新番組『さんまのお笑い向上委員会』(毎週土曜 後11:10)も同日よりフジテレビ系でスタートする。松岡は「さんまさんの番組目当てでチャンネルを合わせた人は、そのまま『She』までお付き合いたいだければ」と茶目っ気を見せながら、「面白いものを提供します」とキッパリ、頼もしく番組をアピールしていた。

 一方、今月からNHK・BSプレミアムで『あまちゃん』の再放送が始まったことも話題だが、いまだに「あまちゃん女優」と呼ばれることをどう思っているのか聞いてみると、「いつまでもそういってもらえるのがうれしいです。『あまちゃん』に出演したおかげでいただいた仕事もたくさんあるので、恩恵を受けた分、いつか恩返しができるようにしたいと思っています。『She』を観て、『あまちゃん』も観てみようと思ってもらえたらうれしいですね。そういう影響力のある俳優になりたいと思っています」と目を輝かせた。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」


関連写真

  • 松岡茉優が連続ドラマに初主演。フジテレビ系『She』4月18日スタート
  • 松岡はジャーナリスト志望のクールな女子高生を演じる
  • 「『あまちゃん』に恩返ししたい」とさらなる飛躍を誓った松岡茉優 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス