三浦春馬、演技に苦悩「難しいなぁ」

 俳優の三浦春馬(25)が18日、都内で行われた自身の写真集『三浦春馬 ふれる』(マガジンハウス)の発売記念イベントトークショーに出席。写真集内でも対談している演劇評論家・渡辺保氏と演劇論を交わした。舞台『地獄のオルフェウス』の稽古中である三浦は「これまで3本の音楽劇に出て、せりふをリズムとして発声していると指摘されたことがある。でも感情がきちんと生まれてからせりふを述べようとしたら共演者から『間が長い』と言われて…」と苦悩を明かした。

【写真】その他の写真を見る


 その舞台では女優・大竹しのぶと共演しているが、「お客さんに届けるのに、自分の感情が形成されてからのせりふだとタイムラグが生まれる。大竹さんと芝居をしているんだから、2人の関係性やせりふのキャッチボールを頭に入れてやらないと…」と真剣に話した。

 「難しいなぁ」と溜息をつく三浦に、渡辺氏は「感情なんて追っかけないで、言葉を追いかけたら? 顔で表現したって、大劇場の後ろの人にはわからないんだから」と助言。渡辺氏は次々と斬新な切り口のアドバイスを授け、三浦は「ちょっと今、頭が真っ白です」と目からうろこが落ちた様子だった。

 同写真集では、三浦がイベントで訪れたソウルや台北などのアジア各地や日本の京都や富士西湖などで撮影した写真で直近2年間の軌跡を追っている。「今回の写真集でより日本が好きになりましたし、アジアのことも興味が持てた。自分の生き方や仕事について以前より深く考えて向き合うことができました」と充実の表情で語っていた。



関連写真

  • 写真集『三浦春馬 ふれる』(マガジンハウス)発売中 (C)ORICON NewS inc.
  • 笑いに紛らせながら写真集の発売記念イベントで演じることの難しさを吐露した三浦春馬 (C)ORICON NewS inc.
  • 写真集『三浦春馬 ふれる』(マガジンハウス)発売中 (C)ORICON NewS inc.
  • 写真集『三浦春馬 ふれる』(マガジンハウス)発売中 (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス