• ホーム
  • 芸能
  • 【TBS】大島優子主演『ヤメゴク』初回は9.1%

【TBS】大島優子主演『ヤメゴク』初回は9.1%

 女優・大島優子の連続ドラマ初主演作となるTBS系『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』(毎週木曜 後9:00)初回が16日、15分拡大して放送され、視聴率は9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 大島演じる永光麦秋は、警視庁組織犯罪対策部で「暴力団離脱者相談電話」(通称:足抜けコール)を担当する刑事。構成員から「暴力団を抜けたい」などの相談が寄せられると、巨大な敵に身一つで立ち向かい、構成員をカタギに戻していく。

 麦秋の相棒で「マル暴」から足抜けコールに異動してきた刑事・三ヶ島翔を北村一輝が演じるほか、勝地涼田中哲司遠藤憲一、名取裕子、本田翼山口紗弥加らが共演。

 初回は、翔が「足抜けコール」に異動。そこへ橘勲(遠藤憲一)率いる暴力団組織「関東貴船組」の2次団体の親分から足抜け相談が入る。ヤクザを徹底的に“クズ”扱いする麦秋と性善説者の翔はソリが合わないながらも、医師・有留章子(山口紗弥加)の協力もあり、親分は無事カタギに。そんな中、ヤクザに関わる章子の病院に住民たちが押し寄せ…という展開だった。



オリコントピックス