• ホーム
  • 芸能
  • 森高千里、生放送に苦い経験「歌手を辞めたいと…」

森高千里、生放送に苦い経験「歌手を辞めたいと…」

 歌手の森高千里(45)が14日、都内で行われたフジテレビ系音楽番組『水曜歌謡祭』(毎週水曜 後7:57)の合同取材会に出席。同局で放送されていた音楽番組『夜のヒットスタジオ』に出演した際の失敗体験を告白した。

 デビュー当時に初めて同番組に出演した際、「他の方の歌を歌いながら階段を降りる際、歌い出しを間違えてしまい、その後(歌詞が)飛んでしまった」と“苦い経験”を明かし、「歌手を辞めたいと思ったくらい反省しました」と新人時代を振り返った。

 今回、1987年のデビュー以来はじめてMCを務める森高だが、MCのオファーを受けた心境について「正直びっくりしましたし、なんで私が選ばれたんだろう」と驚きつつ、「アーティストとして今まで出させていただいた緊張感はすごくわかるので、歌っている方たちの気持ちもわかった司会者になりたい」と目標を掲げた。

 ともに司会を担当するアンジャッシュ渡部建について森高は「最初はまだ息は合わないので、だんだん合うように努力したい」と印象を語ると、渡部は「僕は意外と息が合ってるなと思ったんですけど…」と、得意とするコントばりの“すれ違い”にガックリ。気を取り直し「さらにコンビネーションを高めていきたい」と改めて意気込んでいた。

 同番組は、音楽史に残る名曲やヒット曲をアーティスト同士のコラボレーションやカバーで楽しむ、音楽エンターテインメントショーを目指す。フジテレビ系で生放送のレギュラー音楽番組は、『MJ-MUSIC JOURNAL』(92年〜94年)以来21年ぶりとなる。初回はきょう15日の夜7時から2時間スペシャルで放送。



関連写真

  • フジテレビ系音楽番組『水曜歌謡祭』合同取材会に出席した(左から)渡部建、森高千里 (C)フジテレビ
  • フジテレビ系音楽番組『水曜歌謡祭』合同取材会に出席した(左から)渡部建、森高千里 (C)フジテレビ

オリコントピックス