【フジ】『戦う!書店ガール』初回6.2%

 人気アイドルグループ・AKB48の渡辺麻友と女優の稲森いずみがW主演する関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『戦う!書店ガール』(毎週火曜 後10:00)の初回が14日に15分拡大版で放送され、平均視聴率が6.2%だったことが15日、わかった。NHK、TBS系でも同時間帯に連続ドラマを放送する激戦区。NHKの『美女と男子』は6.8%、TBSの『マザー・ゲーム カノジョたちの階級』は9.8%だった。視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区。

 『戦う!書店ガール』は、碧野圭氏の小説シリーズが原作。舞台は老舗書店「ペガサス書房」。ネット書店の台頭などから、書店が経営的にも厳しさを増している中、本に救われた経験をもつ、書店員の北村亜紀(渡辺)と副店長の西岡理子(稲森)を主人公とする職業エンターテインメント。

 「結婚より、仕事や夢!」と気が強くて自由奔放な亜紀と、仕事にプライドを持って働くうちに婚期を逃してしまった理子。ふたりの間にあるのは、23歳と40歳という世代間ギャップや「コネ入社のお嬢様」と「たたき上げの苦労人」という境遇の違い。そして異なる性格や経験から生まれる、仕事や恋へのアプローチの違い。何かと異なる“水と油”の2人が、仕事、恋愛、人生と果敢に戦う姿を描く。

 渡辺は、ゴールデン・プライム帯(後7:00〜11:00)の連続ドラマ初主演。メガネをかけた書店男子・三田孝彦役に千葉雄大、亜紀に一目ぼれをするコミック編集者に大東駿介、女子2人の奮闘を見つめる謎の男に田辺誠一、ペガサス書房の書店員役で鈴木ちなみ、伊野尾慧、濱田マリらが出演する。



オリコントピックス