• ホーム
  • 映画
  • 米倉涼子、ハリウッドでアベンジャーズと再会

米倉涼子、ハリウッドでアベンジャーズと再会

 アメコミヒーローが大集合する映画シリーズ最新作『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のワールドプレミアが現地時間13日(日本時間14日)、米ロサンゼルス・ハリウッドはアカデミー賞授賞式の会場としても知られる「ドルビーシアター」で行われ、日本から女優の米倉涼子が参加した。

【写真】その他の写真を見る


 米倉は、日本語吹き替え版でブラック・ウィドウの声を担当しており、『アベンジャーズ』のワールドプレミアは2度目。「ブラック・ウィドウというキャラクターが自分のすぐそばにあるなと実感していますし、毎年声優と参加していくのがとてもうれしいです。レッドカーペットに立たせていただき、前回のプレミアで、ベスト・ドレッサー賞をいただきました! 今回もそれを狙えればと思います」と話していた。

 今回、米倉が着用したのは、ランバンの白レースのドレス。会場に集まった世界中のマスコミからも熱い視線を浴びていた。ファンから「Ryoko!」と声をかけられるも場面もあり、日本代表としてその役目を果たしていた。

 全米では5月1日に公開を控える同作。ワールドプレミアでは劇場前のハリウッド通りを全面封鎖してレッドカーペットが敷かれ、世界中から約4000人のファンと、スチールカメラ145台、ムービーカメラ85台のマスコミが集結。ファンの列の先頭にいた人は3日前から待ち構えていたという熱狂ぶり。多くのファンがお気に入りのキャストのコスチュームに身を包み、“最強チーム”を迎えた。

 キャプテン・アメリカを演じるクリス・エヴァンス、ソーを演じるクリス・ヘムズワース、ブラック・ウィドウを演じるスカーレット・ヨハンソンはショートヘアに黒いドレスをまとって登場。ホーク・アイ役のジェレミー・レナー、期待の新キャスト、スカーレット・ウィッチ役のエリザベス・オルセンと、クイックシルバー役のアーロン・テイラー=ジョンソン。そして、最後にアイアンマンこと“戦う実業家”トニー・スタークを演じるロバート・ダウニー・Jr.が到着すると、会場のボルテージは最高潮に。前日の『MTV ムービー・アワード2015』で「ジェネレーション・アワード」を受賞したこともあり、ファンからひときわ大きな声援と世界中のメディアの注目を浴びていた。

 同映画は、トニー・スタークが開発した「ウルトロン計画」。それは、人工知能による完璧な平和維持システム。しかし、進化と増殖を続けるウルトロンが選択した“究極の平和”とは、地球を脅かす唯一の存在=人類を抹消することだった…。人口知能の完全無欠な力に対し、感情に左右される弱き人間たちは立ち向かうことができるのか? 絶体絶命の彼らに残された最後の武器は、「愛する人を守りたい」という熱い思いだけ…。人類滅亡の脅威に、最強チーム“アベンジャーズ”が再び結集する。日本では7月4日公開。



関連写真

  • 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のワールドプレミアに参加した米倉涼子(右)。左は新キャストのエリザベス・オルセン
  • ランバンのドレスをチョイスした米倉涼子
  • 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のワールドプレミアに登場したロバート・ダウニー・Jr.(左)とジョス・ウェドン監督(右)
  • 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のワールドプレミアに登場したスカーレット・ヨハンソン
  • 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のワールドプレミアに登場したエリザベス・オルセン

オリコントピックス