• ホーム
  • 音楽
  • 福山雅治、『魂リク』を自身初のアナログ盤化

福山雅治、『魂リク』を自身初のアナログ盤化

 デビュー25周年を迎えたシンガー・ソングライター福山雅治(46)のギター弾き語りカバー集で、4/20付オリコン週間アルバムランキング1位に初登場した『魂(たま)リク』(8日発売)が、6月24日にアナログ盤として発売されることが決定した。福山がアナログ盤を発売するのは、1990年3月の歌手デビュー以来初となる。

 本作は、3月28日に前身番組から23年の歴史に幕を下ろしたニッポン放送『福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル“魂のラジオ”』の人気コーナー「魂のリクエスト」で披露してきたギター弾き語りを初CD化したもの。

 ギター好きな福山が「名器」と語るアコースティックギター・1930年製のマーティン OM-45と、自身の声だけでレコーディングした作品とあり、「生で聴いているような、耳元で実際に鳴っているかのような、実際の音に近い状態で聴いてもらいたい。より良い音で聴いてもらいたい」という福山の思いを受け、アナログ盤制作が決定した。

 アナログ盤は完全受注生産。2枚組で4000円(税抜)。



オリコントピックス