• ホーム
  • 映画
  • 実写『バクマン。』ビジュアル公開 小畑健氏描き下ろしイラストも

実写『バクマン。』ビジュアル公開 小畑健氏描き下ろしイラストも

 俳優の佐藤健神木隆之介がダブル主演を務める映画『バクマン。』(10月3日公開)のティザービジュアルが13日、公開された。佐藤と神木が手に持つイラストは、原作者・小畑健氏の描き下ろしとなる。今月18日より全国の劇場で掲出される予定。

 原作は2008年から12年まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載された人気作で、高校生漫画家の真城最高(佐藤)と高木秋人(神木)がコンビを組み、幾多の苦労を重ねながら『ジャンプ』での連載を目指す物語。原作を大場つぐみ氏、作画を小畑健氏が手がけており、単行本は全20巻で累計発行部数1500万部を超える。

 佐藤と神木のほか、ヒロイン・亜豆役に小松菜奈、2人のライバルである漫画家の新妻エイジ役に染谷将太、福田真太役に桐谷健太、平丸一也役に新井浩文、中井巧朗役に皆川猿時を起用。また、『ジャンプ』の編集者・服部哲役は山田孝之、編集長の佐々木役はリリー・フランキー、主人公・最高の叔父で漫画家の川口たろう役は宮藤官九郎が演じる。『モテキ』などの大根仁氏がメガフォンをとる。



オリコントピックス