• ホーム
  • 音楽
  • “地球デビュー”30周年・聖飢魔II、期間限定再集結「定期健診みたいなもの」

“地球デビュー”30周年・聖飢魔II、期間限定再集結「定期健診みたいなもの」

 悪魔の集団・聖飢魔IIが地球デビュー30周年を記念し、期間限定で再集結することが12日、わかった。“黒ミサ”と呼ばれるコンサートの日程が発表され、デーモン閣下(Vo)は「今年の夏から来年の頭にかけて日本中を席巻する」と予告。「首を洗って出向くように!!」と呼びかけた。

 「グハハハハハハハ!デーモンである」と高笑いする閣下は「諸君、地球デビュー30周年を祝し、人類最凶の敵である“ロックバンドの姿を借りた悪魔の集団”聖飢魔IIが期間限定再集結をすることとなった」と復活宣言。「我々が征服した後のこの国がどれだけ『悪魔化』を遂げているかを視察するためだ。定期健診みたいなものだ」といい、「全ての日本国民に告ぐ。『適齢期が来たら、がん検診を怠るな!』首を洗って出向くように!! ドゥワハハハハハ〜!」と人間思いな(?)メッセージを送った。

 聖飢魔IIは“悪魔教”の布教のため、1985年9月に地球デビュー。小教典(シングル)25銘柄、大教典(アルバム)17銘柄、活動絵巻教典(ビデオ・DVD)14銘柄を発布(発売)。エンターテインメント要素たっぷりの“黒ミサ”と呼ばれるコンサートで信者(ファン)を増やし、ヘビーメタルバンドとして初の『NHK紅白歌合戦』出場、初のオリコン1位も記録した。

 99年12月31日にはデビュー時の公約どおり、地球における任務を終了して解散したが、東日本大震災の復興支援『聖飢魔II Presents「Tribute to JAPAN」』を企画し、11年11月30日、12月1日に氣志團、MAN WITH A MISSION、NOKKOら6組のアーティストと共に東京・両国国技館で2日間限定のチャリティーミサを行った。

 9月にデビュー30周年を迎える聖飢魔IIは魔界から再集結し、9月17日のさいたま市文化センターを皮切りに『全席死刑』ツアー、11月26日の川口リリア公演を皮切りに『続・全席死刑』ツアーの2度に分け、全20本の黒ミサを行う。

 ツアーに先駆け、今月22日には聖飢魔IIファンクラブ「魔人倶楽部III」を発足させ、翌23日には聖飢魔II公式LINEを開設。夏には30年のキャリアを網羅した極悪集大成盤(ベストアルバム)の発布予定で、夏フェス出演も企てられている。

■聖飢魔II黒ミサツアー
▽『全席死刑』TOUR
9月17日(木):埼玉・さいたま市文化センター 大ホール
9月26日(土)・27日(日):大阪国際会議場グランキューブ大阪 メインホール
10月3日(土):広島文化学園HBGホール
10月10日(土):宮城・仙台サンプラザホール
10月12日(月):愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
10月19日(月):東京国際フォーラム.ホールA
10月25日(日):北海道・札幌市民ホール
10月31日(土):静岡市民文化会館 大ホール
11月8日(日):福岡サンパレスホテル&ホール

▽『続・全席死刑』TOUR
11月26日(木):埼玉・川口リリア メインホール
12月2日(水):新潟テルサ
12月7日(月):東京国際フォーラム.ホールA
12月12日(土):北海道・札幌市民ホール
12月19日(土):宮城・仙台サンプラザホール
12月26日(土):福岡サンパレスホテル&ホール
1月9日(土):愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
1月11日(月):広島文化学園HBGホール
1月20日(水)・21日(木):大阪・オリックス劇場



オリコントピックス