• ホーム
  • 音楽
  • NGT48が1期生募集開始 キャプテン北原「新潟を盛り上げられるグループに」

NGT48が1期生募集開始 キャプテン北原「新潟を盛り上げられるグループに」

 AKB48の国内5番目のグループとして新潟に発足する「NGT48」が10日、第1期生オーディションの募集をスタート。キャプテンとしてAKB48から完全移籍する北原里英、今村悦朗NGT48劇場支配人が新潟を訪れ、グループロゴを初お披露目した。

 この日、新潟の各メディアの取材を受けた北原と今村支配人は、NGT48の展望や意気込みを語ったほか、県鳥の「朱鷺(とき)」をイメージした白地に赤文字のグループロゴを初公開した。

 今村支配人は「朱鷺の羽根の白、目の周りの赤からイメージしてデザインしています。新潟を訪れた際に見た新幹線に描かれていた朱鷺の印象が強く残っていて、このカラーに決定しました。右と下に赤いエッジが入っているのも、他のグループにはない特色です」と説明。「白は新潟の美味しいお米や美しい雪景色、赤は情熱もイメージしています」とアピールした。

 「春の人事異動」でNGT48のキャプテンとして移籍することが発表された北原は「ついにきょうからオーディションの募集が始まりました。そんな記念の日に新潟に来ることができてとてもうれしいです」とやる気十分。「歌が得意ではなくても、ダンスが踊れなくても、とにかくやる気のある子、新しい一歩を踏み出したい子に、たくさん応募してほしいです。みんなで試行錯誤しながら、新潟を盛り上げられるようなグループを一から作り上げていきたいと思っています」と応募を呼びかけた。

 募集期間は5月18日正午まで(郵送は当日消印有効)。応募資格は経験不問、5月18日時点でプロダクションに所属していない11歳〜23歳までの女性で、日常的にNGT48劇場に通って活動できることが条件。



関連写真

  • 新潟市を流れる長さ日本一の信濃川をバックに記念撮影する(左から)今村悦朗NGT48劇場支配人、北原里英キャプテン(C)AKS
  • 新潟県鳥の「朱鷺」をイメージしてデザインされたNGT48ロゴ

オリコントピックス