• ホーム
  • 芸能
  • 早見あかり、『マッサン』スピンオフは「コントを撮っているような楽しさ」

早見あかり、『マッサン』スピンオフは「コントを撮っているような楽しさ」

 NHK大阪放送局で10日、連続テレビ小説『マッサン』のスピンオフドラマの試写会が行われ、女優の早見あかり江口のりこが出席した。早見はスピンオフ前編「すみれの家出〜可愛い子には旅をさせよ〜」、江口は後編「たそがれ好子〜女三人寄れば姦(かしま)しい〜」でそれぞれ主役を務める。

 早見は、主人公のマッサンこと亀山政春(玉山鉄二)の妹・すみれ役に起用され、「マッサンの出演が決まって、すごくうれしくて、どんな風にすみれを演じようか、と考えていたら、昨年9月にあっという間にクランクアップしてしまいました」と回想。主な出番はシリーズ序盤の広島編だったため、後半の北海道編に「帰ってきたい」とアピールしていたという。

 「お姉ちゃん(西田尚美)とお父ちゃん(前田吟)は、広島から一回北海道に行っているのに、なんですみれだけ行けずに、手紙だけだったんだろう(笑)」とツッコミながら、「放送を、普通に、一視聴者として見ていましたので、このスピンオフのお話が来て、しかも主役でというのを聞いた時は、すごくうれしかった」と喜びを露わにした。

 前編はタイトルどおり、広島から大阪に家出してきたすみれが、住み込みでマッサン行きつけの食堂「こひのぼり」で働き始めたことから始まる騒動を描く。早見は「コントを撮っているような楽しさがありました。出来上がったものを観たときに、音も加わってさらに、スピンオフならではのテンポ感というか面白さがすごく伝わるものになったんじゃないかな」と自信をのぞかせていた。

 一方の江口は、マッサンが大阪の住吉酒造で働いていた時の同僚・好子役で主に前半の大阪編に出演。江口も「スピンオフをやらせていただいて、すごくうれしいです。テレビで北海道編を見ていたので、なんかその、テレビの中に入って自分が芝居しているみたいな感覚があって、面白かった」と満足げ。

 後編は、北海道・余市の工場が冬期休業の間、マッサンとエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)、エマ(優希美青)が大阪へ家族旅行に行こうとしていたところへ、好子と池田(前野朋哉)がやってくる。駆け落ちしてきたという二人は、マッサンたちが留守中のエリーハウスで生活を始めるというストーリー。姦しい女三人、好子、ハナ(小池栄子)、チエ(酒井若菜)の掛け合いが見どころだ。江口は「出演されている役者さんが、みんなとても魅力的で、明るく楽しい作品です。面白いし、ちょっと良い話にもなっています」と話していた。



関連写真

  • 『マッサン』のスピンオフドラマの試写会に出席した(左から)早見あかり、江口のりこ(C)NHK
  • スピンオフドラマは広島編・大阪編・北海道編のキャストが新たな組み合わせで登場する(C)NHK

オリコントピックス