• ホーム
  • 芸能
  • 岡田将生、ギネス世界新記録に感激「思わずうるっと」

岡田将生、ギネス世界新記録に感激「思わずうるっと」

 俳優の岡田将生鈴木浩介遠藤憲一が9日、都内で行われたテレビ東京系ドラマ『不便な便利屋』(10日スタート 毎週金曜 深0:12〜)の記者会見に出席。北海道・赤平市で行われた撮影のなかで、岡田らは「1時間で作るスノーマン(雪だるま)の数」のギネス世界新記録樹立に挑戦し、見事成功したことを報告した。

 今年2月に長野県の『第33回いいやま雪まつり』で記録された1585体を超えるためにチャレンジには、赤平市民を中心に総勢1406人が参加。見事、1時間で2036体を作り、ギネス世界新記録として認定された。(※4月1日時点)

 主演の岡田は「作ってるときは無我夢中」と回顧し「(記録を)更新したと聞いたときは思わず監督の顔を見てしまって、思わずうるっとしました」と照れ笑い。「あれほど高ぶった感情は25年生きてきてなかったですね」と充実感をにじませた。

 鈴木も「芝居で泣くことはあっても素の涙が見れるのはこの作品だけ」と感無量の様子で、遠藤は「うちら自慢できることは『ギネス世界記録の保持者の一員』と言えるようになった」と誇らしげに胸を張った。

 同作は、おせっかいを絵に描いたような松井(鈴木)、離婚歴3回の梅本(遠藤)、若き脚本家の竹山(岡田)の三人が、ひょんなことから北海道の名もなき町の便利屋となり奔走する姿を描く。



関連写真

  • ギネス世界新記録樹立に挑戦し成功したことを報告した岡田将生 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『不便な便利屋』の記者会見に出席した(左から)遠藤憲一、岡田将生、鈴木浩介(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス