• ホーム
  • 芸能
  • 愛川欽也、映画制作に意欲 “長期療養”報道に妻うつみが現状説明

愛川欽也、映画制作に意欲 “長期療養”報道に妻うつみが現状説明

 タレントの愛川欽也(80)が、病気のため長期療養に入ると報じられたことについて、8日、妻でタレントのうつみ宮土理(71)が所属事務所を通じてコメントを発表した。

 愛川は、3月をもって20年間司会を務めたテレビ東京系『出没!アド街ック天国』を卒業。また、6日には、愛川がメインで出演してきたインターネット放送局『kinkin.tv』の閉鎖も発表され、一部で病気のため長期療養に入ると報じられていた。

 これを受け、うつみは所属事務所を通じて「風邪をひいて少し咳が出て、今は自宅で休んでおりますが、『早く、ロケに行こう』と、そればかりいってます」と愛川の現状を説明。続けて「次の、映画制作に意欲をもやしています」とコメントした。

 ▽以下コメント全文

 風邪をひいて少し咳が出て、今は自宅で休んでおりますが、「早く、ロケに行こう」と、そればかりいっています。

 次の、映画制作に意欲をもやしています。

 今まで、私はのん気に生活させてもらった分、今は、思いっ切り甘やかせています。

うつみ宮土理



オリコントピックス