• ホーム
  • 芸能
  • つんく♂、激励の声5700件超える 公表から4日も応援の声止まず

つんく♂、激励の声5700件超える 公表から4日も応援の声止まず

 4日に母校・近畿大学(大阪府東大阪市)の入学式に出席し、声帯の全摘出手術を受け、声を失ったことを告白した音楽プロデューサー・つんく♂(46)のブログに8日までに、5700件を超える激励メッセージが届いている。

 入学式後に更新した4日のブログでつんく♂は、改めて手術の詳細時期や現状を報告するとともに「入学式でも皆さんに伝えましたが、私も新しい人生の1年生です! 気分一新がんばります!」とつづり、翌日のブログでは激励に「コメントから溢れてくるポジティブオーラにかなり癒されましよ! やはり、心がリラックスされていることが一番のクスリだなあと思います」と感謝の言葉をつづつた。

 4日のブログには2319件、5日のブログには現在までに3400件を超える応援コメントが寄せられ、きょう8日にも「つんく♂さんの前を向いて生きていこうという気持ち、とても心に響きました」「声を失っても、つんくさんはつんくさんに変わりないのですから、歴史を残してらっしゃるので、これからも、現在進行形です!!」とエールが続いている。

 そのほかにも、これまでに、シャ乱Qのリーダーでギタリストのはたけやまことをはじめ、ミュージシャン仲間の小室哲哉、元ジュディマリTAKUYA、そして、元モーニング娘。の中澤裕子、飯田圭織、保田圭、藤本美貴、矢口真里らも、思いをブログでしたためている。



オリコントピックス