Rソックス上原、マイナー登板へ「だいぶいい感じ」

 左脚を痛めて故障者リスト(DL)入りしている米大リーグ・レッドソックスの上原浩治投手(40)が8日、自身のブログを更新。「見てもらってる限り、悪くはないって言ってくれてるから、気持ち的にはかなり楽になる」と心境をつづり、自身の投球について「だいぶいい感じになってきてます」とマイナー登板への手応えをにじませた。

 上原はこの日、フェイスブックに投球練習の動画をアップし、「今日の練習の様子です。普段は絶対に見られない位置からの迫力ある映像です」と、マウンド真後ろからの映像を公開。左右の打者を立たせての練習で「コツコツとやってます」と伝えた。

 ブログでは「だいぶいい感じになってきてます」と回復ぶりに手応えをにじませ、「足の方は見てもらってる限り、悪くはないって言ってくれてるから、気持ち的にはかなり楽になるっていうか、メンタル的にホッとするよなぁ。あとは試合で投げて、どうなるか」と心境。

 最後は「早く復帰したいけど...。そろそろマイナーの方で投げる予定なんでね」と前向きにつづった。



オリコントピックス