• ホーム
  • 芸能
  • 【2015年本屋大賞】上橋菜穂子氏の『鹿の王』に決定

【2015年本屋大賞】上橋菜穂子氏の『鹿の王』に決定

 全国の書店員が“今いちばん売りたい本”を決める『2015年本屋大賞』(本屋大賞実行委員会主催)の発表会が7日、都内で行われ、上橋菜穂子氏の『鹿の王』(KADOKAWA 角川書店)が大賞に選ばれた。上橋氏は、昨年、1994年に受賞したまど・みちお氏以来日本人作家としては2人目となる国際アンデルセン賞作家賞を受賞している。

【写真】その他の写真を見る


 受賞作は未曾有(みぞう)の危機に立ち向かう父と子を描いた長編作品。上巻の「生き残った者」、下巻「還って行く者」の2巻が刊行されている。

 上橋氏は1989年に『精霊の木』で作家デビュー。主な著書に『精霊の守り人』をはじめとする「守り人」シリーズや、「獣の奏者」シリーズなど。なお、『精霊の守り人』は2016年より女優・綾瀬はるか主演でNHKにて「大河ファンタジー」と銘打ちドラマ化が決まっている。

 受賞のトロフィーを手にとった上橋氏は「本屋さんとは、子どもの頃から一緒に人生を歩んできた。人生で初めてのアルバイトは書店でした」といい、「ですので、書店の皆さんが本を読んでくれて、『面白かった』と投票してくれたのが本当にうれしい」と喜びを語った。

 今年で12回目を迎える同賞。今回は2013年12月1日から14年11月30日に刊行された国内のオリジナル小説を対象に実施された。一次投票では461書店580人の書店員が一人3作品に投票し、上位10作品をノミネート作品として決定。その後の286書店より345人による二次投票で大賞が選出された。

 なお、特別企画の翻訳小説部門1位は『その女アレックス』(著:ピエール・ルメートル、訳:橘明美/文藝春秋)が受賞した。

■2015年本屋大賞 順位一覧
大賞:『鹿の王』上橋菜穂子(KADOKAWA 角川書店)
2位:『サラバ!』西加奈子(小学館)
3位:『ハケンアニメ!』辻村深月(マガジンハウス)
4位:『本屋さんのダイアナ』柚木麻子(新潮社)
5位:『土漠の花』月村了衛(幻冬舎)
6位:『怒り』吉田修一(中央公論新社)
7位:『満願』米澤穂信(新潮社)
8位:『キャプテンサンダーボルト』阿部和重・伊坂幸太郎(文藝春秋)
9位:『アイネクライネナハトムジーク』伊坂幸太郎(幻冬舎)
10位:『億男』川村元気(マガジンハウス)

■歴代大賞作品
第1回:『博士の愛した数式』小川洋子(新潮社)
第2回:『夜のピクニック』恩田陸(新潮社)
第3回:『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』リリー・フランキー(扶桑社)
第4回:『一瞬の風になれ』佐藤多佳子(講談社)
第5回:『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎(新潮社)
第6回:『告白』湊かなえ(双葉社)
第7回:『天地明察』冲方丁(角川書店)
第8回:『謎解きはディナーのあとで』東川篤哉(小学館)
第9回:『舟を編む』三浦しをん(光文社)
第10回:『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)
第11回:『村上海賊の娘』和田竜(新潮社)



関連写真

  • 2015年本屋大賞に選出された上橋菜穂子氏『鹿の王』(KADOKAWA 角川書店)
  • 上橋菜穂子氏から直筆の喜びコメント
  • 2015年本屋大賞に選出された『鹿の王』作者、上橋菜穂子氏
  • 去年の受賞者、和田竜氏(右)から花束を受けとる上橋菜穂子氏(左) (C)ORICON NewS inc.
  • 2015年本屋大賞に選出された『鹿の王』作者、上橋菜穂子氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 2015年本屋大賞に選出された『鹿の王』作者、上橋菜穂子氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 2015年本屋大賞に選出された『鹿の王』作者、上橋菜穂子氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 2015年本屋大賞に選出された『鹿の王』作者、上橋菜穂子氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 2015年本屋大賞に選出された『鹿の王』作者、上橋菜穂子氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス