• ホーム
  • 芸能
  • 声帯摘出つんく♂「新たな人生のスタート」 ブログで決意新た

声帯摘出つんく♂「新たな人生のスタート」 ブログで決意新た

 母校・近畿大学(大阪府東大阪市)で行われた『平成27年度入学式』で、手術により声帯を摘出し、声を失ったことを公表した音楽プロデューサーのつんく♂が4日、自身のブログを更新。手術時期などの詳細を報告するとともに「新たな人生のスタート」と決意新たにつづった。

【写真】その他の写真を見る


 つんく♂は改めて「祝辞の中でも伝えさせていただきましたが、昨年秋の癌治療の際、念の為という事も含めて、患部を治療するのに声帯全てを摘出することとなりましたので、話す事が出来ません」と報告。声帯摘出については「昨年10月半ばに手術し、10月末には退院し、退院後、体調と相談しながらも仕事も始め、年末年始は仕事をし出して以来初めてゆっくり年越しをしながらの療養もさせていただき、随分元気になりました」と明かした。

 また、1月半ばからキックボクシングを始めたというつんく♂。「新たな人生のスタートに向かって体力作りもしております」と近況を明かすと「これからもこんな私に出来る事。こんな私にしか出来ない仕事をさせて頂こうと思っておりますので、皆様どうぞこれからもよろしくお願いいたします」と決意を新たにした。

 「入学式でも皆さんに伝えましたが、私も新しい人生の1年生です! 気分一新がんばります!」とつづり「詩や曲、楽曲のプロデュースはもちろんの事、それ以外の事もまだまだ勉強しながらですが、皆様のお役に立てればと感じています」と呼びかけた。

 最後は「なにはともあれ、近畿大学新入生の皆様おめでとう! 全国の新人、新入生の皆様もおめでとうございます!」と改めて祝福し「お互いファイト!」とメッセージした。

 つんく♂は、2014年3月にがんを公表し活動を休止。同4月の同校入学式のプロデュースを初めて担当した。しかし、式当日は治療のため出席を断念し、映像で祝辞を寄せた。9月に「完全寛解」と発表したが、約1ヶ月後に再発を公表していた。



関連写真

  • ブログで決意新たにしたつんく♂
  • 母校・近畿大の校歌斉唱に合わせてギターを弾くつんく♂
  • ブログで決意新たにしたつんく♂ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス