• ホーム
  • 芸能
  • 井ノ原快彦『アド街』MCデビュー “先輩”に褒められニコニコ

井ノ原快彦『アド街』MCデビュー “先輩”に褒められニコニコ

 人気グループV6井ノ原快彦が4日、テレビ東京系で番組開始20年を迎える『出没!アド街ック天国』(毎週土曜 後9:00)の新司会者としてデビュー。番組終わりには“先輩”薬丸裕英が「全然、緊張してなかったじゃん」。“大先輩”峰竜太からも「いや〜たいしたもんだ」と絶賛されニコニコだった。

 番組開始では「浅草生まれ、品川育ち、あなたの街の宣伝部長…」とキメ台詞でしっかりあいさつした井ノ原。だが、すかさず薬丸から「肩書きあるからいいよな。俺らはないんだから」と厳し目のツッコミ。これに井ノ原もタジタジで「先輩よろしくお願いします! (僕が)ジタバタしたらよろしくお願いいたします」と頭を下げると薬丸も「そんな(ジタバタ)になったらみんなで『Wa(わ)』になって踊ろう」と軽快なやりとりで笑わせた。

 番組エンディングでは、アシスタントMCの須黒清華アナウンサーから感想聞かれた井ノ原は「えっ、もう終わっちゃうの? めっちゃくちゃ楽しかった」と笑顔。薬丸から「全然、緊張してなかったじゃん」と投げかけられると「最初は緊張してたんですけど、皆さんの意見を聞くのが楽しくて」と再び笑顔。峰も「やっぱり人柄だよ。いや〜大したもんだー!」と褒め称えた。

 同番組は、観光客も多く訪れるような街から「えっ、こんな街あったの?」という意外な街まで、あらゆる街に出没する地域密着型情報バラエティー。先月7日に放送1000回を迎えたのを最後に、1995年4月15日のスタート当時から司会から務めた愛川欽也が“卒業”した。



オリコントピックス