• ホーム
  • 芸能
  • 内野聖陽、鍛えられた肉体美を生披露 ポスター公開時は話題に

内野聖陽、鍛えられた肉体美を生披露 ポスター公開時は話題に

 俳優の内野聖陽が4日、東京・渋谷のBunkamura シアターコクーンで行われた舞台『禁断の裸体』初日公演前にプレスコールを行った。話題を集めたポスター撮影が行われた昨年末以降トレーニングに励んだようで、プレスコールでも鍛えられた肉体を生披露した。

 同作は、ブラジル演劇の巨匠ネルソン・ロドリゲス氏の代表作を日本で舞台化。過激な性描写など賛否渦巻く衝撃作を発表してきた 演劇界の異端児・三浦大輔氏が脚本・演出を担当。そのほか、寺島しのぶ池内博之野村周平らが出演する。

 三浦氏の演出について、内野は「役者は泣かされるって聞いていたので、実は戦々恐々としていた」と告白。実際には「紳士的で優しかった」といい、「過激な演出と思っていたけれど、人間をちゃんと見つめている。ここでは当然裸が必要だってわかる演出になっている」と信頼を寄せていた。



関連写真

  • 肉体美を生披露した内野聖陽 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)三浦大輔氏、池内博之、内野聖陽、寺島しのぶ、野村周平 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス