• ホーム
  • 音楽
  • Superfly、木村文乃初主演ドラマ主題歌 美しく激しい「Beautiful」

Superfly、木村文乃初主演ドラマ主題歌 美しく激しい「Beautiful」

 ボーカリスト・越智志帆のソロユニット・Superflyの新曲「Beautiful」が、4月14日からスタートする木村文乃初主演ドラマ『マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜』(毎週火曜 後10:00 TBS系)の主題歌に決まった。

 同ドラマは、ひょんなことから名門幼稚園に息子を入園させた「バツイチ、シングルマザー、低所得」のヒロイン・蒲原希子(木村)が、独特の世界観で生きるセレブな母親たちに本音でぶつかり、考えを変えさせていく痛快ヒューマンドラマ。セレブママ役は長谷川京子、貫地谷しほり、安達祐実、壇れいが演じる。

 新井順子プロデューサーは「さまざな問題を抱えながらも力強く生きる女性たちに贈る、パワフルで爽快な応援ソングを作りたい! そう思ったとき、真っ先にSuperflyさんの力強い声が浮かびました」と説明。ラブコールが実り「時に優しくも元気に、時に切なくも寄り添える、素敵な楽曲に仕上がった」と手応えをにじませた。

 メランコリックなギターフレーズ、疾走感あふれるドラムやベースに加え、ストリングスの旋律が印象的。美しくも激しいロックナンバーで、悩み、葛藤しながら戦い続ける女性を表現したSuperflyは「自由で自分らしく生きるというのは、いつでも難しいこと。誰かに愛を求めるのではなく、かっこ悪くても、コンプレックスだらけでも、自分自身が“私”を大好きでいられることが、とても大切なことのように思います。自分自身を大切にして、周りの誰かを今よりもっと大切にできますように、そんな願いを込めた曲です」とコメントした。

 同曲は、Superfly の2年8ヶ月ぶり5枚目のオリジナルアルバム『WHITE』(5月27日発売)に収録される。



関連写真

  • Superflyが主題歌を担当する木村文乃(中央)初主演ドラマ『マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜』
  • 主題歌「Beautiful」が収録されるSuperflyの新アルバム『WHITE』(5月27日発売)

オリコントピックス