• ホーム
  • 音楽
  • キュウソネコカミが初CMソング 眠気吹き飛ばす『メガシャキ』

キュウソネコカミが初CMソング 眠気吹き飛ばす『メガシャキ』

 ロックバンド・キュウソネコカミが、ハウスウェルネスフーズの飲料『メガシャキ』のCMソング(タイトル、発売未定)を書き下ろしたことがわかった。昨年6月にメジャーデビューした同バンドがCMソングを手がけるのは、今回が初となる。

 CMでは俳優・鈴木亮平が演じるサラリーマンが、メガシャキを飲んで眠気に打ち勝つまでの一連の気持ちを表現。CM曲は眠気が一気に吹き飛ぶような、キュウソ節さく裂の痛快な楽曲となっている。

 ヤマサキ セイヤ(Vo/G)は「オファーが来たとき、“メガシャキのCMなら、こうだろう!!”と想像し、CMの雰囲気を思い浮かべながら楽しく曲作りできました。こんな作り方したことなかったので、新鮮でした」と説明。「自分たちで言うのもあれですが、メガシャキとキュウソネコカミ、面白い組み合わせだと思います」と自画自賛し、「いくぜメガシャキ!」と意気込んだ。

 CMは、きょう1日から放送開始。『メガシャキ』公式サイトでも視聴できる。



関連写真

  • 4月1日から放送開始の鈴木亮平出演『メガシャキ』CM
  • 初のCMソングを担当するキュウソネコカミ

オリコントピックス