• ホーム
  • 音楽
  • ViViモデル玉城ティナ、『カリメロ』テーマ歌う

ViViモデル玉城ティナ、『カリメロ』テーマ歌う

 女性ファッション誌『ViVi』(講談社刊)の専属モデル・玉城ティナ(17)が、4月4日から土曜午前9時枠に移動するテレビ東京アニメ『カリメロ』のオープニングとエンディング曲を担当することが30日、わかった。

 エンディング曲は、「ぴーよ ぴーよ カリメロ はしっちゃお〜♪」のフレーズでおなじみの初代アニメのテーマ曲「ぼくはカリメロ」を現代風にアレンジ。ポップな「ぼくはカリメロ tama“piyo”tina ver.」として生まれ変わり、玉城がカリメロのキャラクターとともに歌って踊る映像も放映される。

 沖縄出身で日米ハーフの玉城は、14歳でモデルデビュー。昨年の『ViVi』8月号では、モデルの長谷川潤と並び、同誌史上最年少タイ記録の16歳で単独表紙デビューを飾った。自然体なキャラクター、等身大なツイートが同年代女性の共感を得ており、インスタグラムは50万人、ツイッターは37万人と、10代の女性モデル・タレントの中では突出したフォロワー数を擁している。

 歌手デビュー曲「ぼくはカリメロ tama“piyo”tina ver.」は、4月21日に東京・新木場STUDIO COASTで行われるイベント『ViVi Night in Tokyo 2015』で初披露後、iTunes Storeなどで配信限定シングルとして発売される。



オリコントピックス