• ホーム
  • 芸能
  • 古舘伊知郎氏、古賀茂明氏の発言「残念」 「防げなかった」と視聴者に謝罪

古舘伊知郎氏、古賀茂明氏の発言「残念」 「防げなかった」と視聴者に謝罪

 古舘伊知郎キャスターが30日、司会を務めるテレビ朝日系ニュース番組『報道ステーション』に出演。先週27日の放送で、コメンテーターを務めた元経済産業省官僚の古賀茂明氏がニュースとは異なる発言をしたことについて「残念」とコメントするとともに、視聴者に向け謝罪した。

 事の発端は、27日の放送内で古賀氏が「テレビ朝日の早河会長と古舘プロジェクトの会長のご意向で、きょうが最後ということなんですけど。これまで非常に多くの方から激励を受けまして」などと自身の降板に触れつつ、「官房長官はじめ官邸の皆さんからものすごいバッシングを受けてきました」などと語っていた。

 この日、番組中盤に古舘キャスターは「さて、続いてお伝えしなくてはいけないのは…」と切り出すと「先週、ゲストコメンテーターの古賀茂明さんがお出になられて、その時に直接ニュースには関係ないコメントをした」と改めて説明。その後、菅官房官がバシッングについて「事実無根」と反論した会見映像を放送した。

 VTR明けに古舘キャスターは「番組としては、古賀さんがニュースと関係ない部分でコメントをした。番組内で表明されたことに関しては、残念だと思っております」と語り「そして、テレビ朝日といたしましては、そういったこと、(発言を)防げなかったこと、この1点におきましても、テレビをご覧の皆さまにお詫びをしなければならないと考えております」とし、深々と頭を下げた。



オリコントピックス