• ホーム
  • 芸能
  • 土屋太鳳『まれ』スタートで抱負「朝日のような女優に」

土屋太鳳『まれ』スタートで抱負「朝日のような女優に」

 きょう30日にスタートしたNHK連続テレビ小説『まれ』のヒロインを演じる女優の土屋太鳳(20)が同日、横浜市内で行われた記者会見に出席。遂に放送初日を迎え、土屋は「これから全国の方々とつながっていくんだなと思うとすごく楽しみ」と声を弾ませた。

 前日は「これから始まるんだなって本当にドキドキしてました。今まで(の経験)で言うと、受験だったり、大切な大会の決勝を迎える気持ち。不安であったり、できてないところであったりとか、色んな複雑な気持ちでした」と本音を吐露。しかし「覚悟をしっかりと持って『希(まれ)ちゃん』として前に進んでいきたい」と言葉に力を込めた。

 “晴れ女”である土屋のおかげか、放送初日のきょうは、全国的に晴れ。「朝日のような女優さんになりたい」と抱負を語った土屋は、「朝ドラのヒロインとして毎朝、全国の方々に元気を届けていけると思うと、すごくうれしい」と目を輝かせていた。

 同作は、小学5年生のときに父親が破産寸前になり、家族で夜逃げのように都会から北陸・能登の漁村に移ってきた希が、個性的な同級生たちと友情を育み、紆余曲折はあっても自分の夢である一流のパティシエを目指して歩んでいく姿を描く。



関連写真

  • 「朝日のような女優さんになりたい」と抱負を語った土屋太鳳 (C)ORICON NewS inc.
  • 連続テレビ小説『まれ』の記者会見 に出席した土屋太鳳 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス