• ホーム
  • 音楽
  • アニメ『ダイヤのA』4月から月曜夕方6時に放送枠移動 OPはGLAY続投

アニメ『ダイヤのA』4月から月曜夕方6時に放送枠移動 OPはGLAY続投

 テレビ東京系で日曜午前8時半から放送されていたアニメ『ダイヤのA』が、次回から月曜午後6時にお引っ越し。4月6日より「-SECOND SEASON-」がスタートする。4月27日からオープニング(OP)テーマが変わることになり、引き続き人気ロックバンド・GLAYが担当する。

 新OPテーマのタイトルは「HEROES」。前シリーズ「疾走れ!ミライ」と同様、TERUが作詞・作曲し、亀田誠治氏がプロデュースを手がけた爽やかなロックナンバー。夢を追う人々の背中を押す応援ソングに仕上がっている。

 TERUは「今回のテーマはヒーロー! 野球にひたむきになる高校球児たちの日々の努力が実り、登場する人物一人一人がオンリーワンなヒーローになって欲しい」という思いをタイトルに込めた。「僕も少年時代に野球をしていたので、当時のプロ野球のスター選手たちは僕にとってまさにヒーローたちでした。そして、今も球児たちにとってのヒーローは存在するわけです。そんなヒーローたちだって、現在の球児たちのように幼少時代は甲子園を目指し日々努力してきた人たちばかり。ヒーローたちのように努力し、あきらめず、夢を実現して欲しいと言う思いで、詩を書き上げました」と説明している。

 「この曲がいま、頑張ってる人たちの応援歌になってもらえたら」と願うGLAYのメンバーに、原作者の漫画家・寺嶋裕二氏は太鼓判を押す。「漫画の世界に飛び込んだ頃からずっと続く、憧れと恐れ…、いまの自分を受け入れ、それでも真っ直ぐに前を向く沢村は、ある種自分にとってのヒーローです。焦らず一歩ずつ進んで行こうぜ!と力強く歌ってくれるTERUさんと沢村が重なりました。この曲に背中を押してもらえる人はたくさんいるんじゃないでしょうか。自分もその一人です」とコメントを寄せた。

 同曲のリリースは現時点で未定だが、GLAYは20周年を記念した未発表ライブ映像BOX『20th Anniversary LIVE BOX VOL.2 DVD & Blu-ray』を5月13日に発売。

 豪華3本セットでリリースされ、1枚目は10年前の2004年国立代々木競技場第一体育館で行われたアリーナ公演『GLAY ARENA TOUR 2004 “THE FRUSTRATED -extreme-”』、2枚目には2009-2010に幕張メッセ国際展示場9・10・11ホールにて行われた15周年イヤーファイナルのカウントダウンライブ、3枚目には『THE LIVE PERFORMANCE MEMORIES』と題し、2001年に旧北海道庁前広場で行われたゲリラライブや、TERUプロデュースで新潟LOTSにて行われた「男ナイト」、東京・味の素スタジアムで氷室京介と共演した「SWING ADDICTION」、アジアツアーなど、レアなライブ映像が収録される。



オリコントピックス