• ホーム
  • 芸能
  • 福山雅治、オールナイトニッポン23年の歴史に幕

福山雅治、オールナイトニッポン23年の歴史に幕

 歌手で俳優の福山雅治がパーソナリティを務めるニッポン放送『福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル“魂のラジオ”』(毎週土曜 後11:30)が28日(深1:00=29日 前1:00)、最後の放送を終えた。「リスナーの皆さん、ありがとうございました。また、お会いできる日まで〜、バイバイク〜」と福山の明るい声で幕を閉じた。

【写真】その他の写真を見る


 同番組は2000年3月25日にスタートし、ちょうど15周年、放送回数は783回を数えた。同局では1992年1月より木曜深夜3時の通称“2部枠”で『福山雅治のオールナイトニッポン』がスタートして以来、曜日や時間帯を移しながらも、足かけ23年にわたってレギュラーパーソナリティーとして活躍。その飾らないトークは女性のみならず男性からも支持され、幅広い世代に愛された。

 この日、東京・有楽町にある同局には約3000人のファンが駆けつけ、午後9時すぎに到着した福山を出迎えた。その声援に応えて手を振った福山は、深々と一礼。多数の取材陣の呼びかけに「ありがたいですね。楽しい時間が過ごせたらと思います。まだ最終回という実感はわきませんが、放送が終わって、来週になったら感じるのかもしれませんねまだ、実感わきません」と心境を語って、スタジオへ。

 午後11時半、オープニングの第一声は「いやぁ、危なかったねぇ。トイレ行ってたからさぁ。キレが悪い(笑)。一応今日は、3月28日だから、手を清めて神聖な気持ちでと思って、しっかり洗っていたらギリギリになりました(笑)」と“いつもどおり”。アシスタントの荘口彰久を「いつ泣くの?」といじりながら、軽快なトークを繰り広げた。

 番組初回からのレギュラーコーナー「魂のリクエスト」は、新曲「何度でも花が咲くように私を生きよう」と92年発売の5枚目のシングル「Good night」の2曲を弾き語りで披露した。この「魂リク」コーナーは初のCD化も実現し、4月8日に発売される。

 放送時間も終わりに近づき、「僕自身がラジオをどういうイメージで続けてきたかと言うと、僕が長崎で小学生6年生、中学1年生でラジオを聴き始めた頃、深夜、街も、家族も寝静まり、テレビも終わって自分だけが眠れずに起きている中、唯一外との“つながり”を感じる事ができたのが深夜ラジオでした。だから、僕はあの頃の自分に対して語りかけるつもりで23年間、深夜ラジオを続けてきました」と振り返った福山。

 番組終了を惜しむ声もさることながら、ラジオのパーソナリティーや番組の作り手になりたいと志す人からのメッセージも多く寄せられていたことを喜び「リレーのように引き継がれていくんだな。そうなればいいなと思いながらやってきたというのもあるし、長い間やっていて本当に良かったと思いました」と感慨深げに語っていた。

 深夜1時の生放送終了から30分後に同局の正面玄関から出てきた福山は、最後まで待っていたリスナーに向けて、自ら拡声器を手に持ち「本当にありがとうございました。また、いつか戻ってくることができるように、戻ってきて欲しいと言ってもらえるように、これからも奢(おご)ることなくやっていきたいと思います。気を付けて帰ってね!」呼びかけていた。

 4月4日の午後11時半からは、関ジャニ∞の大倉忠義とシンガーソングライター・高橋
優がパーソナリティーを務める新番組『オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん』がスタートする。



関連写真

  • ニッポン放送『福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル“魂のラジオ”』で15年、オールナイトニッポン通算23年の歴史に終止符を打った福山雅治
  • ニッポン放送『福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル“魂のラジオ”』最終回の放送終了後、ラジオ局前に集まったリスナーに拡声器で呼びかける福山雅治
  • 3月28日『福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル“魂のラジオ”』最終回の模様
  • ニッポン放送『福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル“魂のラジオ”』が最終回。スタジオ入りする福山を約3000人のリスナーが見届けた
  • リスナーの出迎えに手を振って応える福山雅治

オリコントピックス