岸谷五朗&寺脇康文、コンビ20年の絆語る

 俳優の岸谷五朗(50)と寺脇康文(53)が主宰する演劇ユニット『地球ゴージャス』の結成20周年記念スペシャル公演『地球ゴージャス20th Anniversary Gala Concert』が29日、千葉・舞浜アンフィシアターで開催された。

 1994年に結成し、これまで13公演で92万人を動員してきた同ユニットも20周年。岸谷は「われわれは幸せ者です。いいスタッフ、キャストに囲まれて…本当に感謝しています」と感慨深げ。長年コンビを組む相棒について「たくさん壁があっても俺は、寺脇さんといれば出来るんだろうなという自信がある」と全幅の信頼を寄せた。

 寺脇も「人間性は全く違うよね」と笑いつつ「根底に流れている大きな流れというか、一緒の川の中で、大きな海に向かって二人で川を下ってる感じですかね」と20年間で培われた“絆”を語った。

 両名以外のメンバーは固定せず、毎回ゲストを迎えて、歌やダンス、コミカルからシリアスまで“地球ゴージャス流”のエンターテイメントで観客を魅了してきた。この日の公演では、20周年を記念して初のガラ・コンサートを開催。大地真央、三浦春馬ら豪華ゲストが一日限りの公演に駆けつけ、岸谷は「軽く相談したらフットワーク軽く引き受けてくれた」と感謝していた。

 終演間際には、来年の新作公演開催も発表された。具体的な構想について岸谷は「いろんな電波が僕の中で立っていて、まだ一つになっていない。どこで勝負に出ようかなという感じ」といい、「頑張ります!」と意気込んでいた。



関連写真

  • 20周年を迎えた地球ゴージャスの二人(左から寺脇康文、岸谷五朗) (C)ORICON NewS inc.
  • 20周年を迎えた地球ゴージャスの二人(左から寺脇康文、岸谷五朗) (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス