• ホーム
  • 芸能
  • 市川中車、明治座初出演に意気込み「命がけでやっていく」

市川中車、明治座初出演に意気込み「命がけでやっていく」

 歌舞伎俳優の九代目・市川中車が27日、都内で『明治座 五月花形歌舞伎』制作発表に出席。俳優・香川照之として明治座で行われた現代劇に出演歴はあるものの、中車として歌舞伎の舞台に出演するのは今回が初めて。「少しでも精進できますよう命がけでやっていきます」と力を込めた。

【写真】その他の写真を見る


 会見には中車のほか、片岡愛之助、市川猿之助、市川右近が出席。明治座の花形歌舞伎らしく、歌舞伎十八番『矢の根』から、かけがえのない友情を描く『男の花道』、対話の妙が滑稽でおかしい『あんまと泥棒』、エンタテインメント性あふれる『鯉つかみ』と幅広い演目を行う。

 ドラマなどでも活躍している中車は、映像作品と歌舞伎の違いを聞かれて「歌舞伎は許していただいてやっている状況なので、こちらのほうがいっぱいいっぱいの状況」といい、「僕なりに拙いわずかなキャリアのなかで進んでいます。意気込みは100です」と宣言。

 東京では襲名以来3年ぶりの共演となる猿之助とは、『あんまと泥棒』で二人芝居に挑む。「とても楽しみにしています。(前回は)繊細な間だったり、全てを勉強させていただいた。今回も貴重な時間になる」と待ち望んでいた。

 『明治座 五月花形歌舞伎』は、5月2日より東京・明治座にて上演。



関連写真

  • 『明治座 五月花形歌舞伎』に市川中車として初出演する (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)市川右近、市川愛之助、市川猿之助、市川中車 (C)ORICON NewS inc.
  • 『明治座 五月花形歌舞伎』制作発表に出席した市川中車(香川照之) (C)ORICON NewS inc.
  • 『明治座 五月花形歌舞伎』制作発表に出席した市川猿之助 (C)ORICON NewS inc.
  • 『明治座 五月花形歌舞伎』制作発表に出席した市川愛之助 (C)ORICON NewS inc.
  • 『明治座 五月花形歌舞伎』制作発表に出席した市川右近 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス