• ホーム
  • 芸能
  • ディーン・フジオカ、極寒撮影で死を意識「修行が足りなかった」

ディーン・フジオカ、極寒撮影で死を意識「修行が足りなかった」

 アジア圏を中心に活躍し、5ヶ国語(日本語、英語、中国語、広東語、韓国語)を操る日本人俳優のディーン・フジオカ(DEAN FUJIOKA 34)と、モデルで女優の加賀美セイラ(27)が27日、都内で行われたWOWOW 海外ドラマ『荒野のピンカートン探偵社』(4月18日スタート、毎週土曜 前9:00〜※1話無料放送)特別試写会イベント前に取材に応じた。

【写真】その他の写真を見る


 カナダのウィニペグで行われた撮影について、フジオカは「自分がいたときで一番寒かったのは、マイナス35度でした。寒さで痛いし、まつ毛も固まってしまった」と振り返り、「次の日に現場でその話をすると『きのうは暖かかったじゃん』って言われて、修行が足りなかった」と苦笑した。

 加賀美も「マイナス40度になって寒いんだよって言われるんだよね」と同調すると、フジオカは「寒さで死ぬってこういうことかって思いました。死を意識した」と冗談交じりに話していた。

 本作は、19世紀に誕生しいまも実在するピンカートン探偵社を舞台にした西部劇。ディーンは日本人ケンジ・ハラダ役で準レギュラーとして出演し、シーズン中盤には加賀美が超能力者のミヨという名の日本人で、ケンジを手伝い、事件の鍵を握る人物を演じている。



関連写真

  • 過酷な撮影を振り返ったディーン・フジオカ (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOW 海外ドラマ『荒野のピンカートン探偵社』特別試写会イベントに出席した(左から)加賀美セイラ、ディーン・フジオカ (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOW 海外ドラマ『荒野のピンカートン探偵社』特別試写会イベントに出席した加賀美セイラ (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOW 海外ドラマ『荒野のピンカートン探偵社』特別試写会イベントに出席した(左から)加賀美セイラ、ディーン・フジオカ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス