• ホーム
  • 芸能
  • 蟹江一平「ナレーションに愛情を込める」 父・敬三さんの遺志継承

蟹江一平「ナレーションに愛情を込める」 父・敬三さんの遺志継承

 テレビ東京系経済ドキュメンタリー『未来世紀ジパング 〜沸騰現場の経済学〜』(毎週月曜 後10:00)のナレーターが、声優の藤原啓治から俳優の蟹江一平にバトンタッチされる。

 蟹江といえば、父親は昨年3月に亡くなった俳優の蟹江敬三さん。その父が同局系『ガイヤの夜明け』(毎週火曜 後10:00)のナレーションを長年務めた縁もあり、一平は「毎週観ていただけるよう新たな沸騰ナレーションを真っ白な気持ちでお届けし、多分、父も大切にしていた『ナレーションに愛情を込める』という部分を継承できれば」と意気込みを語っている。

 番組MCのSHELLYを支えるサブMCも同局の大橋未歩アナウンサーから秋元玲奈アナウンサーに引き継がれる。秋元はスタジオを飛び出し、得意の英語力を生かして“沸騰現場”からレポートも行う。

 30日の放送回から新メンバーが参加。この日は30分放送時間を拡大し、「あの沸騰現場の“その後”追跡スペシャル」と題して、2011年の番組開始から約3年半の間に番組で取材した80を超える国と地域の沸騰現場の中から、気になる現場の「その後」を追跡する。



関連写真

  • テレビ東京系経済ドキュメンタリー『未来世紀ジパング 〜沸騰現場の経済学〜』3月30日の放送回からナレーションを担当する蟹江一平
  • テレビ東京系経済ドキュメンタリー『未来世紀ジパング 〜沸騰現場の経済学〜』3月30日の放送回からサブMCを務める秋元玲奈アナウンサー

オリコントピックス